GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. マイクロソフトとの協業

マイクロソフトとの協業 -両社の強みでお客様により最適なビジネス環境を-

富士通とマイクロソフトは、2002年にグローバルアライアンス契約を締結して以来、クラウド分野や製造業向けIoT分野など、市場の動向に合わせて協業領域を拡大してきました。

AIを活用した働き方改革を実現する「Zinrai for 365 Dashboard」を販売開始

2018年11月27日、AIを活用した業務内容の見える化を実現する新サービス「FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard」を販売開始しました。
本サービスは、2017年12月に発表した、富士通とマイクロソフト社のAI分野での戦略協業による最初のソリューションとなり、マイクロソフト社のクラウドプラットフォームサービス「Microsoft Azure」上から提供され、「Microsoft 365」とのスムーズな連携も実現しています。

AI分野で戦略協業し、働き方改革を実現するソリューションを共同開発

2017年12月、富士通とマイクロソフトは、AI(人工知能)分野で協業することで合意しました。
本合意に基づき、働く人を中心にした働き方改革の領域での協業を推進します。

続きを読む
マイクロソフトの統合型クラウドサービス「Microsoft 365」、富士通が推進してきたグローバルコミュニケーション基盤のノウハウ、富士通のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」と「Microsoft Azure」上で提供されるAIプラットフォームサービスを組み合わせた新たなソリューションを共同で開発し、日本市場へのサービス提供を目指し、順次グローバルに展開していきます。

クラウド戦略強化のための協業を発表

2016年9月、マイクロソフト社と富士通は、お客様のワークスタイル変革を実現する、グローバルコミュニケーション基盤導入促進に向けた連携を強化していくことを発表しました。
これにより、お客様のデジタルトランスフォーメーションを加速していきます。

マイクロソフトとの協業の広がりイメージ図

富士通とマイクロソフトは、このようにICT市場の動向に合わせて、協業範囲を拡大してきました。
今後も、富士通は、成長市場でのマイクロソフトとの協業を加速し、お客様が求める最適なクラウドサービスやSIなどの関連サービスをワンストップでご提供するために、さらなるパートナーシップを強化し、人々の暮らしを豊かにする社会づくりに貢献していきます。

マイクロソフトアワード受賞

2019 Microsoft Partner for Year Awards を受賞しました。

Country Partner of the Year Awards (Winner)

世界中の30万社を超えるパートナー企業様を対象に、 マイクロソフト製品を基盤とした、 優れたソリューションやサービスを提供したパートナーを表彰するアワードです。

受賞理由
富士通はSAP on Azureにおける日本国内トップクラスのパートナーであり、AIやIoTを活用したより高度なERPソリューション、および弊社が持つ様々な業種のノウハウを組み合わせたソリューションを開発し、多くのSAP on Azureの受注を獲得しました。また、富士通のシステムエンジニアの知見を組み合わせた高付加価値サービスの開発・提供に取り組んでいくことで、業務要件に合わせたクラウド移行を実現し、お客様の事業拡大に貢献した功績を認められ、3社のFinaristの中から選ばれました。

マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019を受賞しました。

SAP on Azure アワード

Microsoft Azure プラットフォームを基盤にした SAP ソリューションを提供したパートナー様に授与されます 。

受賞理由
SAP on Azureにおける日本国内トップクラスのパートナーである富士通は、AIやIoTを活用したより高度なERPソリューション、および弊社が持つ様々な業種のノウハウを組み合わせたソリューションを開発し、多くのSAP on Azureの受注を獲得いたしました。また、富士通のシステムエンジニアの知見を組み合わせた高付加価値サービスの開発・提供に取り組んでいくことで、業務要件に合わせたクラウド移行を実現し、お客様の事業拡大に貢献いたしました。

マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2018を受賞しました。

Education アワード

マイクロソフト テクノロジーをベースにした革新的で独自性のある教育機関向けサービスやソリューションの提供で、優れた実績をあげ、業界でソートリーダーシップを示したパートナーに贈られます。

受賞理由
Microsoft Azure をベースにしたオープンで画期的な教育機関向けソリューションを通じて大学のデジタル トランスフォーメーションを推進され、少子化や学び方の多様化といった課題を解決しようとしています。富士通株式会社は Azure ビジネスを日本で初めて立ち上げて、豊富なソリューションや 170 名を超える技術者や充実したサポートを提供しています。これらの実績にもとづき、今回私立大学で最大規模のクラウド環境を構築、また、ソリューションでも Azure Media Service を利用した「好きな時間に好きな場所で学べる」画期的なデジタル ラーニング ソリューション「Fisdom(フィズダム)」を提供いたしました。

マイクロソフトジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2017 を受賞しました。

Business Analytics アワード

Cortana Analytics Suiteの構成要素である、Azureクラウドサービスを使用する最先端のデータや分析機能を利用して、顧客への効果的なビジネス戦略設計に寄与し、優れたデータ分析ソリューションを構築したパートナーに贈られます。

受賞理由
AzureのデータプラットフォームおよびOSSサービスと自社のIoTサービスや深い業種知識を組みあわせて、先進的なビジネスインテリジェンスサービスをクラウドソリューションプロバイダー(CSP)を通じて幅広くお客様に提供し、高いお客様満足度を獲得いたしました。中でも、大学内ドキュメント検索効率を飛躍的に高めるサービスを実現し、Azure Cosmos DBの日本初の事例を構築しました。

マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2016を受賞しました。

Cloud Productivity アワード

Office 365 のクラウド ソリューションとハイブリッド ソリューションの展開で実質的かつ持続可能な成長を遂げ、大きな影響と満足度によって顧客による導入を促進したパートナーに贈られます。

受賞理由
Office 365 によりクラウド化を大きくリードいたしました。Exchange,SharePoint,Skype for Business のコミュニケーション基盤を自社グローバル社員 15 万人で構築し、導入実践や独自の付加ソリューションを検証。顧客向けサービスや商品体系を整備したうえでお客様へサービスを提供し、高いお客様満足度を獲得いたしました。

マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2015を受賞しました。

Data Analytics コンピテンシー アワード

顧客の更に効果的なビジネス戦略設計に寄与する、優れたデータ分析ソリューションを構築されたパートナーに贈られます。

受賞理由
Microsoft Azure, SQL Server, Tablet と様々な IoT センサーを利用した「環境経営ダッシュボード」ソリューションを、自社も含めた数多くの顧客に導入されました。それによって、CO2 や電力使用、生産量、環境の可視化/分析/未来予測が可能となり、飛躍的な省エネや費用削減効果を実現して、顧客のエコ経営を強力に支援しました。日本の先進 IoT 事例としてデザインや省エネに関する各種受賞も果たすことができました。

パブリック セクター アワード

地方自治体のシステム統合などを IT インフラストラクチャや業務アプリケーションなどの分野で支える優れたソリューションを提供したパートナーに贈られます。

受賞理由
国立大学の基幹システムのクラウド化案件において、A5 for Microsoft Azure および Microsoft Azure の信頼性、総合力を全面に押し出し、受賞を果たしました。基幹システムだけでなく、認証についてもパブリック クラウドを採用し、クラウド先進事例として教育機関全体に大きな影響を及ぼすことができました。

※受賞理由:マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 受賞サイトより引用

プレスリリース

マイクロソフトとの協業に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-54WZS5
138-BFF-042