株式会社山口フィナンシャルグループ 様

生産性向上や人材に最大限能力を発揮してもらうために
「いつでも、どこでも」業務可能な新しいグループウェアを実現

山口県、広島県、北九州地域で地域密着型金融を実践する山口フィナンシャルグループ様は「Office 365」と「Azure」を導入してグループウェアの刷新に取り組み、働き方を改革して業務の生産性向上を実現した。

課題
効果
課題コミュニケーション機能の強化や事務処理業務の効率化、いつでもどこでも仕事ができるフレキシブルワークスタイルを実現したい。
効果約7ヶ月間の短期間にシステムを構築しクラウドに移行した。
課題グループウェアとしてこれまでNotesで作り込んできた膨大な業務アプリケーションの運用維持や将来性に不安がある。
効果Microsoft Teamsを活用し、リアルタイムコミュニケーションを強化し生産性を向上させた。

背景

お客様対応を充実させるための生産性向上

山口フィナンシャルグループ様では山口銀行様、もみじ銀行様、北九州銀行様のグループ三行で共通の取組項目を掲げつつ、具体的な取組については各行の特性や地域の状況を考慮した施策を実践していくことで、地域・お客様・山口フィナンシャルグループ様の三者が共に成長していける地域密着型金融に取り組んでいる。

そのために大切にしているのは地域のお客様と密接なリレーションを築くことである。それをより強化するために、事務処理作業の時間と工数を削減してお客様と向き合う時間を増やしたいと考えていた。その中で課題に上がっていたのが、事務処理にまつわる社内のメールでのコミュニケーションの煩雑さだった。

山口フィナンシャルグループ様は「社内のコミュニケーションを効率化させるにはもっとリアルタイムのコミュニケーションを強化する必要がありました。しかし、オンプレミスのNotesのシステムを作り込んでいくには大きな投資が必要となってしまいます」と当時を振り返る。また「社内のコミュニケーションツールは、お客様にご提供する製品やサービスと違って自社の独自性を打ち出すところでなく、既に市場に流通している評価の高いシステムを積極的に取り入れるべき分野です。その方が低コストで合理的であり、多くの人々の意見が反映されているため使いやすくもなっています。そこで今回、クラウド型のシステムであるOffice 365の導入を検討しました。ただ、システムがオンプレミスからクラウドに移行することになるため、様々な不安がありました」と語る。

株式会社山口
フィナンシャルグループ
IT統括部
システム統制グループ
主任調査役
來島 友治様
株式会社山口
フィナンシャルグループ
IT統括部
システム統制グループ
副調査役
多賀本 悠介様
資料をダウンロード 株式会社山口
フィナンシャルグループ
IT統括部
システム統制グループ
係長
田中 佑昌様

導入のポイントなど、続きはこちらからご覧いただけます

導入事例詳細 PDF版(お申込み必要・無料)

PDF版では、導入事例の詳細を写真や図表を添えて詳しく解説しています。
各種資料・導入事例ダウンロードページ(お客様情報入力フォーム)からどうぞ。

各種資料・導入事例ダウンロードページ(お客様情報入力フォーム)に移動します。

[2019年6月12日掲載]

本事例に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ページの先頭へ