ものづくりのDX実践事例を集約ーデジタル技術を活用した4つのシーン

マーケットのニーズが絶え間なく変化し、複雑化している中、製造現場には一層の変革が求められています。生産性向上やコスト削減、BCPへの対応をはじめ、IoTやAIの利活用による新たな変革が不可欠となった今、デジタルの観点から、ものづくりにおいて特にニーズが高い4つのシーンをレベル別にご紹介します。自社の製造現場におけるDXの取組み状況はいかがでしょうか?
是非、ご確認ください。

製造現場の「今」を知り
ものづくりを一歩前に

「モノをつくらないものづくり」「工場全体の見える化」「生産現場の自動化」「原材料・部材管理の高度化」。デジタル技術を活用したものづくりの変革に向け、これらの4つのシーンで、現在の位置づけと目指す姿のレベルを確認しましょう。

ものづくりのDXを加速する4つのシーン

Scene01モノをつくらないものづくり

ものづくり現場に求められている最大のファクターが「開発リードタイムの短縮」です。

  • 仮想試作検証により試作回数を削減
  • 生産プロセスの仮想検証により準備期間を短縮
  • 工場内物流まで仮想検証し、全工程を効率化
  • 現物と一致した仮想実験により設計品質を向上

開発リードタイムの短縮へ、どこまで取組みは進んでいますか?

Scene02工場全体の見える化

工場全体の最適化を行うには、「今」のものづくりの状態を正確に把握することが重要です。

  • 作業進捗のデジタル化
  • 設備稼働状況の見える化
  • ヒト・モノの情報の見える化
  • 工場全体の効率を見える化

工場全体の見える化の取組みはどこまで進んでいますか?

Scene03生産現場の自動化

製造工場において、自動機・ロボットを有効に活用し、画像診断や、稼働状況の分析を取り入れ、生産ラインの自動化、自律化を支援します。

  • 3次元データによりロボットをティーチング
  • 画像認識によりロボットを的確に制御
  • 画像データにより良否判定を自動化
  • AIで工程不具合を予測し品質を向上

生産ラインの自動化・自律化に向け、どこまで取組みは進んでいますか?

Scene04原材料・部材管理の高度化

製造業では生産性向上やコスト削減に向けて、原材料・部材管理の効率化が求められています。

  • タブレットにより原材料・部材の探索負荷を低減
  • 原材料・部材の数量や所在の把握を自動化
  • AIにより在庫予測精度を向上し生産計画を最適化
  • 組合せ最適化技術によりフレキシブルな配備を実現

原材料や部材の管理の高度化に向け、どこまで取組みは進んでいますか?

利用シーンレベル全集とは

AI、IoT、データレイク、クラウド、DXなど、最先端のデジタル技術と、富士通が従来から培ってきた業種・業務ノウハウを合わせ利用シーンごとにまとめたものです。

このデジタル革新 利用シーンレベル全集の中で、本ページでご紹介した、4つのシーンをご提供しています。

各利用シーンは、デジタル技術によってご提供できるお客様への価値をイラストで図示し、技術的な難易度、規模感を6レベルで表現しております。
DXの推進に向けて検討を開始する際に、ぜひご活用ください。

利用シーンの使い方

各利用シーンは、「Level 0」から「Level 5」までの6レベルで表現しています。
そのため、AsIs(現状)、ToBe(将来)、Target(直近の目標)で、現在の位置づけと目指す姿の方向性を確認することができます。詳細はお問い合わせください。

デジタル革新 利用シーンレベル全集に関するお問い合わせ

WEBでのお問い合わせ
入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200(通話無料)

受付時間:平日9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ