保守・保全のDX実践事例を集約ーデジタル技術を活用した4つのシーン

設備保全・保守業務には、高度な技術と経験・ノウハウが必要とされる一方、熟練作業員の暗黙的な勘や経験に依存し、デジタル化されていない情報が多く存在します。近年、設備の高経年化や現場作業員の高齢化、生産年齢人口の減少が課題となっている中、突発的な故障を防ぎ正常な状態を維持するために、IoTやAIなどデジタル技術を活用した設備保全や保守業務の高度化に期待が高まっています。ここでは、特にニーズの高い4つのシーンをレベル別にご紹介します。
自社の設備保全・保守業務におけるDXの取組み状況はいかがでしょうか?
是非、ご確認ください。

製造現場の「今」を知り
設備保全・保守業務を一歩前に

「設備保全の高度化」「現場作業の遠隔支援」「フィールドサービスの業務革新」「働く人の安全対策・行動最適化」。デジタル技術を活用した設備保全・保守業務の変革に向け、これらの4つのシーンで、現在の位置づけと目指す姿のレベルを確認しましょう。

設備保全・保守現場のDXを加速する4つのシーン

Scene01設備保全の高度化

製造設備の突発的故障や計画外停止の影響は非常に大きく、トラブルを未然に防ぐためには、日々の保全記録や設備データに基づいた計画的な保全活動が重要です。

  • 設備の異常表示を遠隔監視
  • 計画保全により突発的な故障を防止
  • センサーで異常を検知し故障を回避
  • 設備故障をAIで予測し、停止期間を最小化

設備保全高度化に向け、どこまで取組みは進んでいますか?

Scene02現場作業の遠隔支援

設備保全、保守、点検作業の現場では、熟練作業員の不足や高経年設備の増加などの背景から、作業品質の維持・向上が求められています。

  • 電子マニュアルを活用し作業効率向上
  • 対応履歴を活用し回答時間を短縮
  • 現場の様子をリアルタイムに共有して支援
  • AIを活用し迅速・的確に現場を支援

紙帳票のデジタル化や遠隔地からの作業支援の取組みは、どこまで進んでいますか?

Scene03フィールドサービスの業務革新

訪問修理などのフィールドサービス業務では、熟練作業員の減少などによる初回訪問時の解決率の低下が課題となり顧客満足度にも影響を与えています。

  • 保守員のスケジュールや保守部品管理をシステム化
  • 保守拠点とコールセンターをシームレスに連携
  • センサーで異常を検知し、修理手配を迅速化
  • AIで交換部品を選定し、初回解決率を向上

フィールドサービスの顧客満足度向上について、どこまで取組みは進んでいますか?

Scene04働く人の安全対策・行動最適化

建設業や製造業などの現場では、炎天下や熱源のある場所などの過酷な環境での作業も珍しくはなく、労働災害が発生するリスクもあります。

  • 危険エリアへの立ち入りを警告
  • 作業員の状態変化を検知し、不具合を抑止
  • 作業員の場所や状態を把握し安全性を向上
  • 現場データから危険を予兆し労災防止

働く人の安全対策、どこまで取組みは進んでいますか?

利用シーンレベル全集とは

AI、IoT、データレイク、クラウド、DXなど、最先端のデジタル技術と、富士通が従来から培ってきた業種・業務ノウハウを合わせ利用シーンごとにまとめたものです。

このデジタル革新 利用シーンレベル全集の中で、本ページでご紹介した、4つのシーンをご提供しています。

各利用シーンは、デジタル技術によってご提供できるお客様への価値をイラストで図示し、技術的な難易度、規模感を6レベルで表現しております。
DXの推進に向けて検討を開始する際に、ぜひご活用ください。

利用シーンの使い方

各利用シーンは、「Level 0」から「Level 5」までの6レベルで表現しています。
そのため、AsIs(現状)、ToBe(将来)、Target(直近の目標)で、現在の位置づけと目指す姿の方向性を確認することができます。詳細はお問い合わせください。

デジタル革新 利用シーンレベル全集に関するお問い合わせ

WEBでのお問い合わせ
入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200(通話無料)

受付時間:平日9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ