「ヒト」の移動から「モノ・コト」の移動へ。
未来のモビリティビジネスはこう変わる

モビリティ資料(ホワイトペーパー)

これまでモビリティとは、主に人の移動手段を意味していました。ところが、ウィズコロナ、アフターコロナの時代には、「モノやコト」の移動が中心となり、そこから生まれてくる価値をいかに有効に活用していくかが大切になります。2020年10月、オンラインで開催した「Fujitsu ActivateNow」において、富士通 執行役員常務の大西俊介が、HEART CATCHの西村真里子氏を招き、ニューノーマル時代のモビリティ社会について語り合いました。

Task

モビリティ業界が抱える課題

データ活用

あらゆるモビリティデータを価値に変え、ネットワークにつながった車両から周囲の状況や道路、信号、気象などのデータを集め、つなげ、活用するところに技術を活用していきます。

価値観の変化

以前はヒトの移動がメインだったのに対し、アフターコロナではモノやコトの移動がフォーカスされるようになり、これまでライブやフェスなどのイベントでは会場に足を運ぶのが当たり前でしたが、密を避けるため自宅からスマートフォンでアクセスして楽しむケースも増えています。

安全性

コネクテッドカーには、悪質なハッカーが車両システムを乗っ取るなどのリスクに対応しなくてはいけません。そのようなサイバー攻撃から守るには、セキュリティオペレーションセンター(以下、SOC)機能が必要となります。

Overview

未来に向けたモビリティ 本資料の概要

富士通執行役員常務の大西俊介が富士通のモビリティ事業に関するコンセプト、あらゆるモビリティデータを価値に変える事で環境負荷軽減・交通事故減少・渋滞緩和などの社会的価値をもたらすことを説明し、HEART CATCH 代表取締役/プロデューサーの西村真里子氏はモビリティにおける意識、生活パターンの変化について説明します。また新型コロナで変わった生活、人々の意識、価値観についてこれからのモビリティ社会のデータ活用、価値、富士通の考えるDXについて対談を収録しています。

▼ こちらからお読みいただけます ▼

1. 講演

ヒトの移動から、モノ、コトの移動へ。未来に向けてモビリティの概念が変化
株式会社HEART CATCH 代表取締役 / プロデューサー 西村 真里子 氏

2. 対談

HEART CATCH 西村真里子氏×富士通 大西俊介
新型コロナで変わった生活、人々の意識、価値観
コロナが及ぼすモビリティ業界への変化

ページの先頭へ