GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. トレーニング >
  6. トレーニングを探す >
  7. eラーニング ITスペシャリストのための統合運用管理

eラーニング
ITスペシャリストのための統合運用管理

事前にご確認くださいお申し込みから受講までの流れ

学習内容

コース概要 システム運用およびICT資産のライフサイクルに沿った運用管理の必要性を理解し、ICT環境の運用管理を行うための統合基盤となるミドルウェア製品「Systemwalker Centric Manager」の機能と、その活用方法について学習します。
  • Systemwalkerのコンセプト
  • 統制のとれた統合管理
  • システム運用のライフサイクル管理(導入・設定、監視、復旧、評価)
  • 大規模システムの運用管理
  • ICT資産のライフサイクル管理(計画、導入、運用、廃棄)
  • 統合監視の導入形態
対象製品 Systemwalker Centric Manager
到達目標 本コース修了後、次の事項が理解できていることを目標としています。
  1. システム運用のライフサイクル(導入・設定、監視、復旧、評価)について説明できる
  2. ICT資産のライフサイクル管理(計画、導入、運用、破棄)について説明できる
  3. Systemwalker Centric Managerの機能および活用方法について説明できる
  4. Systemwalker Centric Managerを使った運用管理システムの設計ができる
対象 ICTシステムの運用管理に携わる方
前提知識 ネットワーク、OSなど、ICTの基礎的な用語についての知識があること。
目次 第1章 ICTシステムの成長を支える統合管理ソフトウェア製品
1.1 Systemwalkerとは
1.2 Systemwalker Centric Manager
1.3 Systemwalker Centric Managerの特長
第2章 Systemwalker Centric Managerの機能(統合監視編)
2.1 システム運用のライフサイクル管理
2.2 導入・設定
2.3 監視
2.4 復旧
2.5 評価
2.6 セキュリティ
2.7 大規模システムの運用管理
2.8 高信頼運用機能
第3章 Systemwalker Centric Managerの機能(資産管理編)
3.1 ICT資産のライフサイクル管理
3.2 レポート出力
第4章 Systemwalker Operation Managerと連携する製品
4.1 統合監視の導入形態
4.2 個別監視(Open監視)の導入形態
4.3 イベント監視エージェントの導入形態
4.4 資源配付エージェントの導入形態
最後に
ミドルウェアトレーニング
ソフトウェアサービス
最終確認テスト

受講概要

受講料 18,000円 コースコード ASP03729
標準学習時間 3時間 受講期間 3ヶ月間
音声 あり 掲載日 2015年11月
注意事項

受講を申し込む
(富士通エフ・オー・エム株式会社のページへリンクします。)

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)