GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. トレーニング >
  6. トレーニングを探す >
  7. eラーニング ディシプリンド・アジャイル・デリバリー(DAD)入門

eラーニング
ディシプリンド・アジャイル・デリバリー(DAD)入門

事前にご確認くださいお申し込みから受講までの流れ

学習内容

コース概要 ディプシリンド・アジャイル・デリバリー(DAD)は、10数年の歴史を経て発展してきた数々のアジャイル開発手法を総括し、エンタープライズにおけるソフトウェア開発に対応させる「プロセスフレームワーク」をまとめたものです。
DADを理解することにより、最先端のアプローチからアジャイル開発に取組むことができます。
本コースは、「基礎からわかるMDA (モデル駆動型アーキテクチャ)なぜモデリングするのか?」の著書などで著名な「吉田 裕之」氏が講義したセミナーを録画した動画コースです。
対象製品 なし
到達目標 本コース終了後、次の事項ができることを目標としています。
以下のDADの概念を理解する。
  1. ディプシリンド・アジャイル・デリバリー(DAD)とは
  2. ディプシリンドとは
  3. プロセスフレームワーク
  4. ゴール駆動
  5. リスク・価値駆動
  6. プロセスフレームワーク
  7. エンタープライズアジャイル
  8. ロール
  9. 3Cリズム
対象
  • アジャイル開発に取り組む方
  • DADとは何かを知りたい方
  • DADの概念を学びたい方
  • 今後、アジャイル開発を考えている方
前提知識 アジャイル開発の基礎知識があると望ましい。
目次 ディシプリンド・アジャイル・デリバリー(DAD)とは
ディシプリンド(disciplined)とは
プロセスフレームワーク
ゴール駆動
リスク・価値駆動
エンタープライズアジャイル
典型的な役割(ロール)
3Cリズム
アジャイル・マニフェストの拡張
「アジャイル」の誤解と疑問
結局、アジャイルとは何か

受講概要

受講料 18,000円 コースコード ASP03731
標準学習時間 2時間 受講期間 3ヶ月間
音声 あり 掲載日 2015年11月
注意事項
  • eラーニングご利用にあたっては、稼働環境新規ウィンドウが開きますをご確認ください。
  • 受講期間とは、eラーニングのコンテンツを参照できる期間(お申し込み受付完了日からの期間)です。受講期間満了後に引き続き受講をご希望の場合は、再度お申し込みください。
  • 本コースは、動画を使用しています。

受講を申し込む
(富士通エフ・オー・エム株式会社のページへリンクします。)

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)