GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. トレーニング >
  6. トレーニングを探す >
  7. eラーニング よくわかる運用管理(概要編)

eラーニング
よくわかる運用管理(概要編)

事前にご確認くださいお申し込みから受講までの流れ

学習内容

コース概要 運用管理とは何か、その目的は、業務を止めない運用管理を実現するためのポイントを運用事例をもとに学習します。
また、業務を止めない運用を実現するための運用管理ツールの活用について学習します。
到達目標 本コース終了後、次の事項ができることを目標としています。
  1. ICTシステムにおける運用管理の必要性について理解できる
  2. 運用管理に必要な運用プロセスと管理項目について理解できる
  3. 運用管理の事例を通して、運用管理のポイントと運用管理ツールの役割が理解できる
  4. 運用管理ツールの活用について説明できる
対象
  • 初めて運用管理製品を扱うSE、営業の方
  • ICTシステムの運用を担当する新人の方
  • ICTシステムの運用管理について、お客様に提案するSE、営業の方
前提知識 ITILの概要について、知識を有していることが望ましい。
目次 第1章 運用管理の基礎
学習目標
1.1 巷にあふれる端末機器
1.2 端末機器の先にあるもの
1.3 過去のシステム障害事例
1.4 運用管理とは
1.5 運用管理の目的
第1章のまとめ
第1章 確認テスト
第2章 運用管理業務の変遷
学習目標
2.1 ICTシステムと運用管理の変遷
2.2 メインフレーム期
2.3 オープン化黎明期
2.4 高信頼化技術導入期
2.5 サーバ集約移行期
2.6 仮想化移行期
2.7 クラウド導入期
2.8 ツールを利用した運用管理は不可欠
第2章のまとめ
第2章 確認テスト
第3章 運用管理の概要
学習目標
3.1 運用管理の対象
3.2 ITILとは
3.3 ITILにもとづいた管理
3.4 運用管理の基本パラダイム
3.5 運用管理項目の概要
3.6 インシデント管理と問題管理
3.7 イベント管理
3.8 性能管理、キャパシティ管理、サービスレベル管理
3.9 リソース統合管理、サービスカタログ管理
3.10 サーバ管理、ストレージ管理、ネットワーク管理
3.11 ジョブ管理
3.12 要求実現
3.13 情報セキュリティ管理、アクセス管理
3.14 アプリケーション管理
3.15 サービスデスク
3.16 変更管理とリリース管理
3.17 構成管理と資産管理
第3書のまとめ
第3章 確認テスト
第4章 実践から学ぶ運用管理
学習目標
4.1 運用管理の流れ
4.2 運用モデル
4.3 運用管理の想定シーン
4.4 ハードウェア障害の発生
4.5 アプリケーションの停止による業務の停止
4.6 性能劣化による業務遅延
4.7 パッチ適用によるセキュリティ対策
4.8 性能劣化によるシステム構成の見直し
4.9 仮想マシンの払い出しとプール管理
4.10 運用管理に求められるポイント
4.11 効率的な運用管理のために
第4書のまとめ
第4章 確認テスト
最終確認テスト

受講概要

受講料 13,000円 コースコード ASP03739
標準学習時間 2時間 受講期間 3ヶ月間
音声 なし 掲載日 2016年3月
注意事項
  • eラーニングご利用にあたっては、稼働環境新規ウィンドウが開きますをご確認ください。
  • 受講期間とは、eラーニングのコンテンツを参照できる期間(お申し込み受付完了日からの期間)です。受講期間満了後に引き続き受講をご希望の場合は、再度お申し込みください。

受講を申し込む
(富士通エフ・オー・エム株式会社のページへリンクします。)

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)