GTM-MML4VXJ
Skip to main content

トレーニングを探す

トレーニングを分野別/学習形態/トレーニングコースマップから探すことができます。

分野別から探す

RPA

モバイル

クラウド

セキュリティ

アプリケーション基盤

運用管理

データベース

その他

学習形態から探す

eラーニング

実機教育

技術者認定


トレーニングコースマップから探す

トレーニングコースマップ


旬なコース

今、おすすめのトレーニングコースをご紹介します。

これからミドルウェアを学習する方におすすめ

学習
形態
コース名 概要
eラーニング ミドルウェア速習パック2019 一般的なミドルウェアの基礎、富士通が提供しているミドルウェア製品の主要ラインナップと各製品の主な機能を短時間で、かつ、効率的に学べます。認定申請をすることで「FUJITSU Certified Middleware Associate V4」の認定資格を取得することができます。

RPA(Robotic Process Automation)のトレーニングがますます充実

学習
形態
コース名 概要
eラーニング RPA概説 RPAの特徴、導入ポイント、およびロボット化に適した業務や活用シーンについて学習でき、 RPAについて幅広い知識を習得できます。
eラーニング RPAによる業務自動化 基本 ~Kapow編~ Kapowの概要からロボットの開発環境である「Design Studio」の基本操作、簡単なロボットの作成方法までをわかりやすい解説付きで学べます。
eラーニング RPAによる業務自動化 応用 ~Kapow編~ RPAの代表的な製品「Kapow」の開発環境である「Design Studio」を使用し、以下について学習します。
  • データベース連携、メール連携など、他のシステムと連携したロボットの作成方法
  • クライアント実行型のロボットの作成に必要な「デバイスオートメーション」の概要と操作方法
eラーニング RPAによる業務自動化 基本 ~UiPath編~ RPAの代表的な製品「UiPath Studio」の概要から基本操作、簡単なロボットの作成方法までの基礎レベルの内容をわかりやすい解説付きで学べます。
実機教育 UiPath 集合研修 基本編Open a new window (富士通エフ・オー・エム株式会社のページへリンクします。) 基礎レベルの内容を講義と実機操作を交えながら、ロボット作成を学習します。プログラミングの経験がない方でも学習できます。
eラーニング RPAによる業務自動化 応用 ~UiPath編~ RPAの代表的な製品「UiPath Studio」を使った、メール連携、Citrix連携によるロボットの作成方法から、ロボット管理ツール「UiPath Orchestrator」の概要と基本操作について学べます。



2018年度下期 eラーニング受講数ランキングTOP3

ランキング コース名
1 RPAによる業務自動化 基本 ~UiPath編~
2 ミドルウェアマスター 「Professional データベース Standard」模擬問題集
3 富士通版PostgreSQLによるデータベース構築と運用のポイント

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)