コース名

eラーニング
データレイク概説

学習内容

コース概要 データレイクとは、多種多様なデータから、これまでになかった新しい価値、すなわちIntelligenceを見つけ、データ中心にビジネスを考えるデータ利活用を実現しています。
デジタルサービスのインフラとして注目されているデータレイクの技術概要、および構築・運用方法について学習します。
対象製品
到達目標 本コース終了後、次の事項ができることを目標としています。
  1. データレイクの重要性やHadoop / ETL / DWHの必要性を理解する
  2. データレイクの適用事例を知ることで、業務要件に合わせた提案ができる
  3. 関連製品の特長・機能を説明できる
対象
  • データレイクを提案する方
  • 情報利活用分野に関心のある方
前提知識 データベースの基礎知識を有することが望ましい。
目次
第1章 データレイク登場の背景
 1.1 データ利活用時代の到来
 1.2 イノベーションの鍵を握るのはデータ
 1.3 爆発的に増加するデジタルデータ
 1.4 現状のままでは2025年の崖が到来
 1.5 デジタルトランスフォーメーション(DX)とは
 1.6 DXを実現する上で重要なデータレイク
第2章 データレイクを実現する技術
 2.1 一般的なデータレイク
 2.2 データレイクを構成するソフトウェア
 2.3 データレイク技術の概要
 2.4 データガバナンス
 2.5 ETL
 2.6 Hadoop技術
 2.7 富士通のデータレイク

受講概要

受講料 9,900円(税込)
コースコード UMJ23B
標準学習時間 4時間
受講期間 8週間
音声 なし
掲載月 2019年12月
注意事項
  • eラーニングご利用にあたっては、動作環境をご確認ください。
  • 受講期間とは、eラーニングのコンテンツを参照できる期間(お申し込み受付完了日からの期間)です。受講期間満了後に引き続き受講をご希望の場合は、再度お申し込みください。

申し込み

本コースは、2022年4月4日(月曜日)より受講できます。
以下のボタンをクリックしてお申し込みください。

(株式会社富士通ラーニングメディアのページへリンクします。)

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ