パブリッククラウド/クラウドサービス(IaaS)対応ソフトウェア

富士通は、マルチベンダークラウドサービス上で利用できるソフトウェア製品のラインナップを揃えており、お客様のクラウド活用における多様なニーズに応えます。

対象クラウドサービス

対象となるクラウドサービスは以下です。

  • FUJITSU Cloud Service for OSS
  • FUJITSU Cloud Service for VMware
  • FUJITSU Cloud Service for Microsoft Azure
  • FUJITSU Cloud Service for AWS
  • FUJITSU Cloud Service for SPARC
  • FUJITSU Cloud Service AZCLOUD IaaS
  • ニフクラ
  • Microsoft Azure
  • Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)

導入イメージ・方法

ソフトウェア製品の媒体を対象クラウドサービス上の仮想システムにアップロードし、そのアップロードした媒体から製品をインストールすることで、ご利用できます。

  • 媒体の仮想システムへのアップロードはインターネットを経由するため、時間がかかる場合があります。
  • オンプレミス用のソフトウェアライセンス、メディアパック(媒体)の購入が必要です。

主な対応ソフトウェア製品

マルチベンダークラウドサービスでご利用できるソフトウェア製品の対応状況につきましては、以下「ソフトウェアガイド」のページから対象の製品名で検索して表示されるガイドブック内にある「適応機種 概要」をご確認ください。

サポートについて

対象クラウドサービスで提供する仮想マシン上で、富士通製ソフトウェアを使用する場合、別途SupportDeskの契約が必要になります。

関連リンク

それぞれのクラウドサービスについての詳細は、それぞれの公式ウェブサイトをご確認ください。

  • (注)
    アマゾンウェブサービス、Amazon WebServices、 Amazon EC2 およびAmazon WebServices ロゴは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ