GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Interstage Application Server 手引き / ガイド集

Interstage Application Server の各バージョンごとに「手引書」や「ガイドブック」などを提供しています。

本ページに掲載されている情報の一覧についてはこちらをご覧ください。
  • Red Hat OpenShift上での利用手順書
  • Red Hat OpenShift上でのInterstage Application Serverの動作手順(Java EE 6編)
  • Interstage Application Server移行支援資料 ~Java EE 5機能からJava EE 6機能への移行ポイント
  • J2EE機能からJava EE 6機能への移行ポイント
  • PRIMECLUSTERの保守モードにおけるInterstage Application Serverの停止・起動方法について
  • 高密度集約ミドルウェアConsolidation Optionについて
  • Interstage Application Server V9形式のIJServerをV8互換モードに近い構成で動かすための設定について
  • 移行支援資料
  • ReferenceがGCに与える影響
  • 和暦カレンダー
  • ファイナライザを理解する
  • Java API for JSON Processing
  • Java API for WebSocket
  • Java VMの32ビット・64ビット選択
  • java.lang.refパッケージについて
  • JavaのConcurrentHashMapにおける同期化
  • 富士通Interstage Application Server V10でのOracle Business Intelligence の動作検証
  • Java技術情報
  • JavaにおけるJacaヒープ以外のメモリーリーク
  • JavaとSPARCプロセッサ
  • Fork/Join Frameworkの性能について
体験版も合わせてお使いください。

本ページに掲載されている情報はInterstage Application Server 体験版と合わせてお使いいただくと効果的です。下記リンク先よ り無 料体験版がダウンロードできますので合わせてどうぞ。

バージョン

V12

Red Hat OpenShift上での利用手順書

Interstage Application ServerをRed Hat OpenShift V3上で利用する手順について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Red Hat OpenShift上での利用手順書 (1.21 MB )
対象:V12.1
1.21MB / A4・76ページ / PDF

V11

Red Hat OpenShift上でのInterstage Application Serverの動作手順(Java EE 6編)

Interstage Application ServerのJava EE 6をRed Hat OpenShift V3上で動かす手順について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Red Hat OpenShift上でのInterstage Application Serverの動作手順(Java EE 6編) (41 KB) 41KB / A4・6ページ / PDF
Interstage Application Server移行支援資料 ~Java EE 5機能からJava EE 6機能への移行ポイント

Interstage Application ServerでJava EE 5機能を使用していたユーザーが、Interstage Application ServerのJava EE 6機能に移 行す る場合について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Java EE 5機能からJava EE 6機能への移行ポイント (401 KB) 401KB / A4・62ページ / PDF
J2EE機能からJava EE 6機能への移行ポイント

Interstage Application ServerでJ2EE機能を使用していたユーザーが、Interstage Application ServerのJava EE 6機能に移行す る場合 について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
J2EE機能からJava EE 6機能への移行ポイント (624 KB) 624KB / A4・94ページ / PDF
PRIMECLUSTERの保守モードにおけるInterstage Application Serverの停止・起動方法について

PRIMECLUSTERの保守モードにおける、Interstage Application Serverの停止、および、起動方法について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
PRIMECLUSTERの保守モードにおけるInterstage Application Serverの停止・起動方法について (239 KB) 239KB / A4・5ページ / PDF
高密度集約ミドルウェアConsolidation Optionについて

高密度集約ミドルウェアConsolidation Optionは、2018年2月1日をもって販売を終了しました。

Consolidation Optionの概要、製品構成、業務集約のシミュレーション方法、業務システムの構築 ・ 運用方法を説明をします。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Consolidation Option統合ガイド (1.38 MB ) 1,412KB / A4・64ページ / PDF
icon-download  ヒア リン グシート 708KB / EXE
icon-download  デ ザイン シート 167KB / ZIP
Interstage Application Server 移行支援ガイド(マルチ言語サービス / J2EE互換機能編)

Interstage Application Server V9以前にマルチ言語サービスやJ2EE機能を使用しているシステムを、Interstage Application Server V11のマルチ言語サービスやJ2EE機能に移行する場合について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Interstage Application Server 移行支援ガイド (マルチ言語サービス / J2EE互換機能編) (219 KB) 218KB / A4・4ページ / PDF
Interstage Java EE 6におけるクラスパスのサフィックスについて

Interstage Java EE 6におけるクラスパスのサフィックスの設定方法を公開します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Interstage Java EE 6におけるクラスパスのサフィックスについて (194 KB) 194KB / A4・2ページ / PDF
Interstage Application Server V9形式のIJServerをV8互換モードに近い構成で動かすための設定について

V8互換モードのIJServerで運用していたJ2EEアプリケーションを、V9形式のIJServerへ移行するお客様を対象に、V9形式のIJServer をV8 互換モードのIJServerの動作により近い動作で運用するためのIJServerの設定について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Interstage Application Server V9形式のIJServerをV8互換モードに近い構成で動かすための設定に ついて (603 KB) 604KB / A4・24ページ / PDF
Interstage Application Server 移行支援資料 ~J2EE機能からJava EE 5機能への移行ポイント~

Interstage Application Server V6~V11でJ2EEのServletサービス機能を使用していたユーザーが、Interstage Application Server V11 のJava EE 5に移行する場合について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Interstage Application Server 移行支援資料
(1.06 MB ) ~J2EE機能からJava EE 5機能への移行ポイント~
1,090KB / A4・23ページ / PDF
ReferenceがGCに与える影響

Javaにおける、Reference系オブジェクト(java.lang.refパッケージ)がGCに与える影響を解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
reference-gc.pdf (389 KB) 389KB / A4・10ページ / PDF
和暦カレンダー

Java SE 6/7で、和暦カレンダーを使用する方法を紹介します。また、Java SE 8で新たに導入されるJapaneseDateクラスについても 紹介 します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
japanese-calendar.pdf (179 KB) 203KB / A4・4ページ / PDF
ファイナライザを理解する

ファイナライザの挙動について、ガーベジコレクションの仕組みと合わせて解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Finalizer-GC.pdf (241 KB) 241KB / A4・10ページ / PDF
Java API for JSON Processing

JavaEE7で追加された新機能の一つ、Java API for JSON Processingについて、解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
JSONP.pdf (580 KB) 580KB / A4・11ページ / PDF
Java API for WebSocket

JavaEE7で追加された新機能の一つ、Java API for WebSocketについて、解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
WebSocket.pdf (502 KB) 503KB / A4・11ページ / PDF
Java VMの32ビット・64ビット選択

サーバー向けOSの主流が64ビットOSとなっているなかで、32ビットJava VMを使うべきか、64ビットJava VMを使うべきかを考察しま す。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
jvm32or64.pdf (233 KB) 233KB / A4・6ページ / PDF
java.lang.refパッケージについて

java.lang.refパッケージの概要と使用方法について、ガーベジコレクションの説明を交えながら、紹介します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Java-Reference-Package.pdf (731 KB) 732KB / A4・18ページ / PDF
JavaのConcurrentHashMapにおける同期化

並列プログラミングでおかしやすい間違いを紹介し、ConcurrentHashMapを使用して対処する方法を説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
ConcurrentMap.pdf (328 KB) 328KB / A4・6ページ / PDF
JavaにおけるJavaヒープ以外のメモリーリーク

メモリーリークを判断するためのツールの使用方法を紹介します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
JavaにおけるJavaヒープ以外のメモリーリーク (139 KB) 139KB / A4・4ページ / PDF
JavaとSPARCプロセッサ

2011年6月と11月の2期連続スーパーコンピュータランキングで一位を獲得した「京」にも使われており、サーバー系マシンに使用さ れる ことが多い、「SPARCプロセッサ」の特性を、ハードウェアの選択や、チューニングに活用できるように、Javaの観点から考察しま す。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
JavaとSPARCプロセッサ (187 KB) 187KB / A4・5ページ / PDF
Fork/Join Frameworkの性能について

Fork/Joinフレームワークを使用する場合の注意点を紹介します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Fork/Join Frameworkの性能について (180 KB) 181KB / A4・9ページ / PDF

V10

PRIMECLUSTERの保守モードにおけるInterstage Application Serverの停止・起動方法について

PRIMECLUSTERの保守モードにおける、Interstage Application Serverの停止、および、起動方法について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
PRIMECLUSTERの保守モードにおけるInterstage Application Serverの停止・起動方法について (239 KB) 239KB / A4・5ページ / PDF
Interstage Application Server V9形式のIJServerをV8互換モードに近い構成で動かすための設定について

V8互換モードのIJServerで運用していたJ2EEアプリケーションを、V9形式のIJServerへ移行するお客様を対象に、V9形式のIJServer をV8 互換モードのIJServerの動作により近い動作で運用するためのIJServerの設定について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Interstage Application Server V9形式のIJServerをV8互換モードに近い構成で動かすための設定に ついて (603 KB) 604KB / A4・24ページ / PDF
ReferenceがGCに与える影響

Javaにおける、Reference系オブジェクト(java.lang.refパッケージ)がGCに与える影響を解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
reference-gc.pdf (389 KB) 389KB / A4・10ページ / PDF
和暦カレンダー

Java SE 6/7で、和暦カレンダーを使用する方法を紹介します。また、Java SE 8で新たに導入されるJavaneseDateクラスについても 紹介 します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
japanese-calendar.pdf (179 KB) 203KB / A4・4ページ / PDF
ファイナライザを理解する

ファイナライザの挙動について、ガーベジコレクションの仕組みと合わせて解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Finalizer-GC.pdf (241 KB) 241KB / A4・10ページ / PDF
Java API for JSON Processing

JavaEE7で追加された新機能の一つ、Java API for JSON Processingについて、解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
JSONP.pdf (580 KB) 580KB / A4・11ページ / PDF
Java API for WebSocket

JavaEE7で追加された新機能の一つ、Java API for WebSocketについて、解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
WebSocket.pdf (502 KB) 503KB / A4・11ページ / PDF
Java VMの32ビット・64ビット選択

サーバー向けOSの主流が64ビットOSとなっているなかで、32ビットJava VMを使うべきか、64ビットJava VMを使うべきかを考察しま す。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
jvm32or64.pdf (233 KB) 233KB / A4・6ページ / PDF
java.lang.refパッケージについて

java.lang.refパッケージの概要と使用方法について、ガーベジコレクションの説明を交えながら、紹介します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Java-Reference-Package.pdf (731 KB) 732KB / A4・18ページ / PDF
JavaのConcurrentHashMapにおける同期化

並列プログラミングでおかしやすい間違いを紹介し、ConcurrentHashMapを使用して対処する方法を説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
ConcurrentMap.pdf (328 KB) 328KB / A4・6ページ / PDF
富士通Interstage Application Server V10でのOracle Business Intelligence の動作検証

Interstage Application Server V10に、Oracle Business Intelligenceコンポーネントを配備し、Oracle Business Intelligence Answersを使用したビジネス・インテリジェンス・リクエストの作成および変更や、インタラクティブ・ダッシュボードの作成および変 更な どが正しく動作することを検証いたしました。 本資料は、これらの組合せで利用する際の正しい構成方法について説明しています 。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
富士通Interstage Application Server V10でのOracle Business Intelligence の動作検証 (462 KB) 461KB / A4・7ページ / PDF
Java技術情報

Interstage Application Server関係者が作成した技術者向けJava技術資料です。Java SE/Java EE関連の役立つ情報を以下に掲載し ます 。

Javaアプリケーションにおいて、ボトルネックになる要因はいろいろありますが、もっともよく問題になるのが、ロックによる排他 待ち です。ロックによる排他待ちを検出するにはどうしたらよいでしょうか?本ドキュメントでは、プロファイラの特性を簡単に考察 したあと、 低負荷プロファイラを作成し、ミリ秒オーダーでのロックによる排他待ち時間を検出する方法を紹介します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
JVMTIを使った超低負荷プロファイラの作成 (196 KB) 200KB / A4・11ページ / PDF

ハッシュテーブルに基づいて高速にマップを検索・更新できるjava.util.HashMapクラスは、様々なアプリケーションでよく使われ ていま す。残念ながら、正しくHashMapクラスが使われていないアプリケーションは数多く存在します。そして、同期処理の誤りが原因 で発生する トラブルは原因究明が難しく、システム運用者を悩ませてきました。本ドキュメントでは、HashMapを java.util.concurrent.ConcurrentHashMapに置き換えてシステムを安定稼働させるアイデアを紹介します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
HashMapからConcurrentHashMapへの移行 ―レガシー・アプリケーションにおける注意点― (232 KB) 232KB / A4・7ページ / PDF
<参照>javaソース 12KB / JAVA
JavaにおけるJavaヒープ以外のメモリーリーク

メモリーリークを判断するためのツールの使用方法を紹介します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
JavaにおけるJavaヒープ以外のメモリーリーク (139 KB) 139KB / A4・4ページ / PDF
JavaとSPARCプロセッサ

2011年6月と11月の2期連続スーパーコンピュータランキングで一位を獲得した「京」にも使われており、サーバー系マシンに使用さ れる ことが多い、「SPARCプロセッサ」の特性を、ハードウェアの選択や、チューニングに活用できるように、Javaの観点から考察しま す。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
JavaとSPARCプロセッサ (187 KB) 187KB / A4・5ページ / PDF

V9

PRIMECLUSTERの保守モードにおけるInterstage Application Serverの停止・起動方法について

PRIMECLUSTERの保守モードにおける、Interstage Application Serverの停止、および、起動方法について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
PRIMECLUSTERの保守モードにおけるInterstage Application Serverの停止・起動方法について (239 KB) 239KB / A4・5ページ / PDF
Interstage Application Server V9形式のIJServerをV8互換モードに近い構成で動かすための設定について

V8互換モードのIJServerで運用していたJ2EEアプリケーションを、V9形式のIJServerへ移行するお客様を対象に、V9形式のIJServer をV8 互換モードのIJServerの動作により近い動作で運用するためのIJServerの設定について説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Interstage Application Server V9形式のIJServerをV8互換モードに近い構成で動かすための設定に ついて (603 KB) 604KB / A4・24ページ / PDF
ReferenceがGCに与える影響

Javaにおける、Reference系オブジェクト(java.lang.refパッケージ)がGCに与える影響を解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
reference-gc.pdf (389 KB) 389KB / A4・10ページ / PDF
和暦カレンダー

Java SE 6/7で、和暦カレンダーを使用する方法を紹介します。また、Java SE 8で新たに導入されるJavaneseDateクラスについても 紹介 します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
japanese-calendar.pdf (179 KB) 203KB / A4・4ページ / PDF
ファイナライザを理解する

ファイナライザの挙動について、ガーベジコレクションの仕組みと合わせて解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Finalizer-GC.pdf (241 KB) 241KB / A4・10ページ / PDF
Java API for JSON Processing

JavaEE7で追加された新機能の一つ、Java API for JSON Processingについて、解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
JSONP.pdf (580 KB) 580KB / A4・11ページ / PDF
Java API for WebSocket

JavaEE7で追加された新機能の一つ、Java API for WebSocketについて、解説します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
WebSocket.pdf (502 KB) 503KB / A4・11ページ / PDF
Java VMの32ビット・64ビット選択

サーバー向けOSの主流が64ビットOSとなっているなかで、32ビットJava VMを使うべきか、64ビットJava VMを使うべきかを考察しま す。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
jvm32or64.pdf (233 KB) 233KB / A4・6ページ / PDF
java.lang.refパッケージについて

java.lang.refパッケージの概要と使用方法について、ガーベジコレクションの説明を交えながら、紹介します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
Java-Reference-Package.pdf (731 KB) 732KB / A4・18ページ / PDF
JavaのConcurrentHashMapにおける同期化

並列プログラミングでおかしやすい間違いを紹介し、ConcurrentHashMapを使用して対処する方法を説明します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
ConcurrentMap.pdf (328 KB) 328KB / A4・6ページ / PDF
Java技術情報

Interstage Application Server関係者が作成した技術者向けJava技術資料です。Java SE/Java EE関連の役立つ情報を以下に掲載し ます 。

Javaアプリケーションにおいて、ボトルネックになる要因はいろいろありますが、もっともよく問題になるのが、ロックによる排他 待ち です。ロックによる排他待ちを検出するにはどうしたらよいでしょうか?本ドキュメントでは、プロファイラの特性を簡単に考察 したあと、 低負荷プロファイラを作成し、ミリ秒オーダーでのロックによる排他待ち時間を検出する方法を紹介します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
JVMTIを使った超低負荷プロファイラの作成 (196 KB) 200KB / A4・11ページ / PDF

ハッシュテーブルに基づいて高速にマップを検索・更新できるjava.util.HashMapクラスは、様々なアプリケーションでよく使われ ていま す。残念ながら、正しくHashMapクラスが使われていないアプリケーションは数多く存在します。そして、同期処理の誤りが原因 で発生する トラブルは原因究明が難しく、システム運用者を悩ませてきました。本ドキュメントでは、HashMapを java.util.concurrent.ConcurrentHashMapに置き換えてシステムを安定稼働させるアイデアを紹介します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
HashMapからConcurrentHashMapへの移行 ―レガシー・アプリケーションにおける注意点― (232 KB) 232KB / A4・7ページ / PDF
<参照> javaソース 12KB / JAVA
JavaにおけるJavaヒープ以外のメモリーリーク

メモリーリークを判断するためのツールの使用方法を紹介します。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
JavaにおけるJavaヒープ以外のメモリーリーク (139 KB) 139KB / A4・4ページ / PDF
JavaとSPARCプロセッサ

2011年6月と11月の2期連続スーパーコンピュータランキングで一位を獲得した「京」にも使われており、サーバー系マシンに使用さ れる ことが多い、「SPARCプロセッサ」の特性を、ハードウェアの選択や、チューニングに活用できるように、Javaの観点から考察しま す。

ファイル一覧表
ファイル名 ファイル情報
JavaとSPARCプロセッサ (187 KB) 187KB / A4・5ページ / PDF

技術情報に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)