資格の基本情報

富士通ソフトウェアマスターの「認定条件」および「有意性」、旧資格「富士通ミドルウェアマスター」からの移行について説明します。

資格の認定条件・有意性

富士通ソフトウェアマスターの資格には、「認定条件」および「有意性」があります。認定条件、有意性は、資格によって異なります。

認定条件については、「認定条件」のページでご確認ください。

有意性については、「有意性」のページでご確認ください。

旧資格からの移行

旧認定制度である「富士通ミドルウェアマスター」の資格を保有されている方には、後継資格への移行パスをご用意しています。保有されている資格により異なりますので、詳細は「旧資格からの移行」の資料でご確認ください。

移行パスの適用対象となる資格をお持ちの方は、「移行申請する」ボタンをクリックして移行申請してください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ