重点的な取り組み・特集 - クラウド

富士通ソフトウェアマスターのクラウド分野の資格に「クラウド基盤」「コンテナ管理」を追加

パブリッククラウドの市場拡大に対応し、富士通ソフトウェアマスターのクラウド分野の資格に「クラウド基盤」「コンテナ管理」の資格を追加します。

クラウド基盤

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O(オープンソース基盤)、またはFUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-V(VMware基盤)を用いた、IaaSの設計・構築・運用に関する技術を持つ人材を認定します。

コンテナ管理

コンテナを支える技術である、コンテナ管理(Kubernetesなど)に関する以下の技術を持つ人材を認定します。

  • Red Hat OpenShift Container Platformを用いたDevOpsに関する技術
  • Kubernetesを用いたDevOpsに関する技術

「クラウド分野」でレッドハット株式会社と協業

富士通ソフトウェアマスター資格「クラウド分野」でレッドハット株式会社と協業し、コンテナ技術の認定・トレーニングを追加します。

「OpenShift認定スペシャリスト資格」を採用

「富士通ソフトウェアマスター」では、以下の資格に、コンテナ管理の分野でレッドハット株式会社の「OpenShift認定スペシャリスト資格」を採用しました。

  • FUJITSU Certified Senior Professional Cloud (Containers Management) for Administrator
  • FUJITSU Certified Senior Professional Cloud (Containers Management) for Developer
  • FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management)

以下の「Red Hat 認定スペシャリスト試験」に合格し、富士通ソフトウェアマスター事務局に認定申請することで、「FUJITSU Certified Senior Professional Cloud (Containers Management) for Administrator」、「FUJITSU Certified Senior Professional Cloud (Containers Management) for Developer」、または「FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management)」のいずれか対応した資格に認定されます。

  • Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Administration - (EX280)
  • Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Application Development - (EX288)
  • Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Containers and Kubernetes - (EX180)

すでに、レッドハット株式会社の「OpenShift認定スペシャリスト資格」を取得されている方は、富士通ソフトウェアマスターの資格を取得できます。
資格を取得するための認定申請の手続きについては、以下の「「OpenShift認定スペシャリスト資格」を取得されている方へ」をご確認ください。

「クラウド分野」でNPO法人LPI-Japanと協業

富士通ソフトウェアマスター資格「クラウド分野」でLPI-Japanと協業し、コンテナ技術(Kubernetes)の認定・トレーニングを追加します。

LPI-Japanから提供されている「CKA」/「CKAD」と連携

「富士通ソフトウェアマスター」では、以下の資格に、コンテナ管理の分野でLPI-Japanから提供されている「CKA」/「CKAD」(注1)と連携しました。

  • FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management) for Administrator
  • FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management) for Developer
  • 注1
    「CKA」は、Certified Kubernetes Administrator、「CKAD」は、Certified Kubernetes Application Developerの略称です。

以下の「Kubenetes技術者認定試験」に合格し、富士通ソフトウェアマスター事務局に認定申請することで、「FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management) for Administrator」または「FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management) for Developer」のどちらか対応した資格に認定されます。

  • Kubernetes管理者認定(Certified Kubernetes Administrator)CKA または CKA-JP
  • Kubernetesアプリケーション開発者認定(Certified Kubernetes Application Developer)CKAD または CKAD-JP

すでに、The Linux Foundationの認定資格「CKA」または「CKAD」を取得されている方は、富士通ソフトウェアマスターの資格を取得できます。
資格を取得するための認定申請の手続きについては、以下の「「CKA」 または「 CKAD」を取得されている方へ」をご確認ください。

クラウド基盤

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O(オープンソース基盤)、またはFUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-V(VMware基盤)を用いた、IaaSの設計・構築・運用に関する技術を持つ人材を認定します。

「Associate」は、クラウド分野共通の資格です。

コンテナ管理

コンテナを支える技術である、コンテナ管理(Kubernetesなど)に関する以下の技術を持つ人材を認定します。

  • Red Hat OpenShift Container Platformを用いたDevOpsに関する技術
  • Kubernetesを用いたDevOpsに関する技術

「Associate」は、クラウド分野共通の資格です。

資格レベル 資格名 試験名 試験対策コース
Senior Professional FUJITSU Certified Senior Professional Cloud (Containers Management) for Administrator Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Administration - (EX280) 【ライブ】Red Hat OpenShift Administration II: Operating a Production Kubernetes Cluster (DO280)
FUJITSU Certified Senior Professional Cloud (Containers Management) for Developer Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Application Development - (EX288) 【ライブ】Red Hat OpenShift Development II: Containerizing Applications (DO288)
Professional FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management) Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Containers and Kubernetes - (EX180) 【ライブ】Red Hat OpenShift I Containers & Kubernetes (DO180)
【講習会】Red Hat OpenShift I Containers & Kubernetes (DO180)
FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management) for Administrator Kubernetes 管理者認定(Certified Kubernetes Administrator)CKA-JP Kubernetes基礎(eラーニング教材)
Kubernetes 管理者認定(Certified Kubernetes Administrator)CKA Kubernetes基礎(eラーニング教材)
FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management) for Developer Kubernetes アプリケーション開発者認定(Certified Kubernetes Application Developer)CKAD-JP 開発者向けKubernetes(eラーニング教材)
Kubernetes アプリケーション開発者認定(Certified Kubernetes Application Developer)CKAD 開発者向けKubernetes(eラーニング教材)
Associate FUJITSU Certified Associate Cloud 富士通ソフトウェアマスター Associate Cloud 認定eラーニング

認定申請

「OpenShift認定スペシャリスト資格」の資格を保有されている方は、「富士通ソフトウェアマスター」へ「認定申請」していただくことで、富士通ソフトウェアマスターの資格認定を取得できます。

  • 「FUJITSU Certified Senior Professional Cloud (Containers Management) for Administrator」:「EX280」の合格日から3年以内に「富士通ソフトウェアマスター」に認定申請する。
  • 「FUJITSU Certified Senior Professional Cloud (Containers Management) for Developer」:「EX288」の合格日から3年以内に「富士通ソフトウェアマスター」に認定申請する。
  • 「FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management)」:「EX180」の合格日から3年以内に「富士通ソフトウェアマスター」に認定申請する。

認定申請の手続きについては、「「OpenShift認定スペシャリスト資格」を取得されている方へ」を参照してください。



The Linux Foundationの認定資格「Kubernetes認定」の資格を保有されている方は、「富士通ソフトウェアマスター」へ「認定申請」していただくことで、富士通ソフトウェアマスターの資格認定を取得できます。

  • 「FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management) for Administrator」:「CKA/CKA-JP」の合格日から3年以内に「富士通ソフトウェアマスター」に認定申請する。
  • 「FUJITSU Certified Professional Cloud (Containers Management) for Developer」:「CKAD/CKAD-JP」の合格日から3年以内に「富士通ソフトウェアマスター」に認定申請する。

認定申請の手続きについては、「「CKA」または「CKAD」を取得されている方へ」を参照してください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ