GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. パートナー&ソリューション >
  6. 連携ソリューションご紹介 >
  7. システム間のデータ連携をノンプログラミングで実現、業務の効率アップと運用コスト削減

システム間のデータ連携をノンプログラミングで実現、業務の効率アップと運用コスト削減

Qanat 2.0とEnterprise Postgres/Symfoware Serverによる連携ソリューション

Qanat2.0は、システム間の情報をノンプログラミングでつなぐデータ連携ツールです。企業内外の様々なデータと、Enterprise PostgresまたはSymfoware Serverにあるデータを連携・変換することで、企業のデータ資産を有効に活用できます。

システム概要図

特長

Qanat 2.0の特長

Qanat 2.0は、企業内外(オンプレミス・クラウド)の様々なデータをノンプログラミングで簡単に他のシステムへ連携・変換し、業務の効率UP・運用コスト削減に貢献する ”データ連携ツール” です。企業に不可欠な帳票作成・配信を自動化することで、作業担当者の負荷の軽減や、業務の属人化を解消する等、業務改善や企業の「働き方改革」にも寄与します。

様々なシステム・クラウドサービスとのデータ連携

Enterprise PostgresまたはSymfoware Server上のデータを、様々なシステムやクラウドサービスに連携することができます。プログラムを組むことなく、GUIの画面でわかりやすく定義を設計することができ、素早くデータ連携の仕組みを構築することが可能です。

データを様々な形でアウトプット

Qanat2.0は、データベース連携、csvやテキスト形式によるデータ出力のほかに、電子帳票(pdf)やメール配信、Excel形式の出力にも対応しています。クラウドサービスとの連携によって、帳票のFAX送信等も実現できます。

導入後の運用

Webブラウザ上でシステムのログ監視や作成した定義の実行を行うことができます。

Enterprise Postgresの特長

Enterprise Postgresは、業務システムにおいて採用が進んでいるOSSデータベース「PostgreSQL」をベースに、高いセキュリティや処理性能、信頼性を実現する当社独自の技術を実装しています。また、24時間365日のあんしんサポートも特長です。

Symfoware Serverの特長

Symfoware Serverは、企業や社会システムの根幹である情報基盤システムを支え、お客様に揺るぎない「あんしん」を提供する富士通の国産高信頼・高性能データベースです。世界最高水準のパフォーマンスと人に優しいユーザビリティを実現し、急変するビジネス環境にも問題なく対応することができ、様々なニーズに応えることができます。

連携製品の詳細

製品構成

データベースにEnterprise Postgresを利用する場合

連携製品一覧
製品名 バージョン
Qanat 2.0 V1.13.1
Enterprise Postgres 9.5

データベースにSymfoware Serverを利用する場合

連携製品一覧
製品名 バージョン
Qanat 2.0 V1.13.1
Symfoware Server (注) V12

  Symfoware Server(Postgres)を利用します。

Qanat 2.0

詳細は、JBアドバンスト・テクノロジー株式会社の製品ページをご覧ください。

富士通製品

詳細は、当社の製品ページをご覧ください。

製品のお問い合わせ先

Qanat 2.0

Qanat 2.0に関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社のロゴマーク

  • お問い合わせ(JBアドバンスト・テクノロジー株式会社のページへ)

Enterprise Postgres / Symfoware Server

Enterprise Postgres / Symfoware Serverに関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)