GTM-MML4VXJ
Skip to main content

各種業界向けEDIシステム全体の安定稼働を実現

Biware EDI Station 2とSystemwalker Centric Managerによる連携ソリューション

EDI統合管理システムのBiware EDI Station 2(バイウェアイーディーアイステーション2)と、システム運用の統合管理基盤であるSystemwalker Centric Managerが連携することにより、取引先とEDIシステム間の異常を検知し、担当者にメールで通知します。電子商取引時のトラブルによる取引の遅れを最小限にとどめ、基幹システムも含めたEDI業務全体の運用を統合管理し、安定稼働を実現します。

システム概要図

特長

Biware EDI Station 2の特長

インターネットEDIからレガシーEDIそしてFAXまで幅広く対応した、ソリューションパッケージです。仮想環境やIaas環境配下でのファイル転送や変換、他アプリケーションとのAPI連携、フォルダ監視、コマンド実行などをご用意しています。またジョブフローをワークフローにて構築できるなど短時間でEDI環境の構築を実現します。

Systemwalker Centric Managerの特長

各企業ではサーバ集約/仮想化が進み、センターは大規模化し日々変化しています。センターの管理者は業務の稼働状況だけではなく、変化するICT資産の状況を把握する必要があります。Systemwalker Centric Managerは「システム運用管理」と「ICT資産管理」を統合し、センター全体のライフサイクルを管理します。

連携製品の詳細

連携製品一覧
製品名 バージョン
Biware EDI Station 2 Ver.2.0.0.0
Systemwalker Centric Manager V15

Biware EDI Station 2

詳細は、株式会社インターコムの製品ページをご覧ください。

Systemwalker Centric Manager

詳細は、当社の製品ページをご覧ください。

製品のお問い合わせ先

Biware EDI Station 2

Biware EDI Station 2に関するお問い合わせは、以下のページをご覧ください。

株式会社インターコムのロゴマーク

Systemwalker Centric Manager

Systemwalker Centric Managerに関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)