GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. パートナー&ソリューション >
  6. 連携ソリューションご紹介 >
  7. Javaやデータベース利用時の稼働状況を可視化し、日本語による自動分析と診断で性能安定化を促進

Javaやデータベース利用時の稼働状況を可視化し、日本語による自動分析と診断で性能安定化を促進

ES/1 NEO CS-Java for Interstage、ES/1 NEO CS-SymfowareとInterstage Application Server、Symfoware Serverによる連携ソリューション

ES/1 NEO CSシリーズは、OSやデータベース、トランザクション処理など各種ミドルウェアの性能に関するデータを可視化し、自動解析した上でシステムのチューニング項目をレポート出力するソフトウェアです。高信頼・高性能なInterstage Application ServerやSymfoware Serverの利用時に、ES/1 NEO CSシリーズでシステムの稼働状況を一元管理し、Webブラウザで確認できます。また、これまで培った実績とノウハウを元に、性能悪化につながるボトルネックの分析を迅速に行うことができます。さらに、様々な観点で自動分析された診断結果を、日本語で分かりやすく出力します。

システム概要図

特長

ES/1 NEO CS-Java for Interstage、ES/1 NEO CS-Symfowareの特長

特長1 : 上級SEでも数週間かかる分析をわずか数分で自動実行

1台あたりわずか数分で分析を実行します。マルチプラットフォーム、大規模、分散環境でも、短時間で問題の一次切り分け、原因の絞込みを行うことができます。

特長2 : 多種多様な稼働統計レポートを自動で作成

これまでの15,000サーバにおよぶコンサルティング実績やノウハウを基に、性能管理に特化した豊富なグラフや稼働統計レポートを自動で出力します。様々な観点から稼働状況をご確認いただくことで、システムの傾向や潜在的なボトルネックを把握できます(注1)。

特長3 : データ収集からレポート作成まで全自動で実行

データの収集、加工からグラフ作成、性能分析までをすべて自動で実行します。サーバ台数が多く、マルチプラットフォーム環境であっても、時間、労力、コストをかけずにレポート作成や問題解決ができます。

特長4 : 充実したサポート

「販売とはサポートである」をモットーに、導入後も常にお客様に満足していただくために各種サポートをご用意しています。ES/1 NEO CSシリーズはレンタル方式を採用していますので、レンタル料金の中ですべてのサポートをご利用いただけます。

(注1) ES/1 NEO CS-Java for Interstageを利用される際に統計レポートなどで表示される性能指標データの詳細内容を確認する場合は、富士通製品のお問い合わせ窓口までご連絡ください。

Interstage Application Serverの特長

Interstage Application Serverは、変化するビジネス環境にすばやく適応する高信頼・高性能なアプリケーションサーバです。業務に合わせて基幹システムやデータベース、各種Webサービスと連携し、変化するビジネスに柔軟に対応することができます。富士通独自のスマートソフトウェアテクノロジー(注2)や業務の負荷分散、多重制御により高信頼、高性能な業務処理を実現し、安定レスポンスを維持します。Javaの互換性保証やJavaの複数バージョンの混在運用ができるため、システム更改時に既存のアプリケーションを改修することなく、システムを継続的に利用することで、導入コストを削減できます。また、Interstage Application Serverのサポートが充実しているため、構築したシステムを長く、安心してお使いいただけます。

(注2) スマートソフトウェアテクノロジーとは、ハードウェアやソフトウェアの状況を自ら判断し、より簡単・安心にお使いいただくための最適化を図る当社独自の技術です。

Symfoware Serverの特長

Symfoware Serverは、企業や社会システムの根幹である情報基盤システムを支え、お客様に揺るぎない「あんしん」を提供する富士通の国産高信頼・高性能データベースです。世界最高水準のパフォーマンスと人に優しいユーザビリティを実現し、急変するビジネス環境にも問題なく対応することができ、様々なニーズに応えることができます。

連携製品の詳細

連携製品一覧
製品名 バージョン
ES/1 NEO CS-Java for Interstage V05L14R1
ES/1 NEO CS-Symfoware
Interstage Application Server V11
Symfoware Server V12

ES/1 NEO CS-Java for Interstage

詳細は、株式会社アイ・アイ・エムの製品ページをご覧ください。

ES/1 NEO CS-Symfoware

詳細は、株式会社アイ・アイ・エムの製品ページをご覧ください。

富士通製品

詳細は、当社の製品ページをご覧ください。

製品のお問い合わせ先

ES/1 NEO CS-Java for Interstage、ES/1 NEO CS-Symfoware

ES/1 NEO CS-Java for Interstage、ES/1 NEO CS-Symfowareに関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

株式会社アイ・アイ・エムのロゴマーク

富士通製品

富士通製品に関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)