GTM-MML4VXJ
Skip to main content

タイムスタンプによるPDF帳票への信頼性確保

e-timing EVIDENCE 3161 for PDF AutoとInterstage List Creatorによる連携ソリューション

Interstage List Creatorで作成したPDF帳票ファイルに対して、e-timing EVIDENCE 3161 for PDF Autoでタイムスタンプを付与します。
帳票にタイムスタンプを自動的に埋め込むことにより、その帳票が確かに存在していたという「存在証明」と、その日時以降改ざんされていないという「非改ざん証明」ができます。
e-文書法に準拠すべき重要な帳票などにタイムスタンプを適用することで、電子帳票の信頼性を高めます。

システム概要図

特長

e-timing EVIDENCE 3161 for PDF Autoの特長

フォルダ監視機能により、フォルダ内のPDF文書に自動的にタイムスタンプを埋め込むことができます。監視フォルダは最大10個まで設定することが可能です。

Interstage List Creatorの特長

Interstage List Creatorは、様々な帳票を簡単に作成・出力し、グローバル展開を支援、業務効率化・コストダウンを促進します。複雑できめ細やかなビジネス帳票にも容易に適用・運用できます。

連携製品の詳細

連携製品一覧
製品名 バージョン
e-timing EVIDENCE 3161 for PDF Auto Ver1.41
e-timing EVIDENCE 3161 PDF Lib-J Ver3.03
e-timing EVIDENCE 3161 PDF Lib-W Ver3.05
Interstage List Creator V10

e-timing EVIDENCE 3161 for PDF Auto

詳細は、アマノビジネスソリューションズ株式会社の製品ページをご覧ください。

Interstage List Creator

詳細は、当社の製品ページをご覧ください。

製品のお問い合わせ先

e-timing EVIDENCE 3161 for PDF Auto

e-timing EVIDENCE 3161 for PDF Autoに関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

アマノビジネスソリューションズ株式会社のロゴマーク

Interstage List Creator

Interstage List Creatorに関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)