GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. パートナー&ソリューション >
  6. 連携ソリューションご紹介 >
  7. 高信頼・高性能なデータベースの設計/開発生産性を飛躍的に向上

高信頼・高性能なデータベースの設計/開発生産性を飛躍的に向上

SI Object Browser for Symfoware, SI Object Browser ERとSymfoware Serverによる連携ソリューション

データベース開発で豊富な導入実績を持つデータベース開発支援ツールSI Object Browser for Symfowareを導入することで、高信頼・高性能なデータベースであるSymfoware Serverの開発生産性が飛躍的に向上します。また、データモデリングツールSI Object Browser ERとあわせて使用することにより、設計から開発、テストまでのデータベース開発サイクルをトータル的にサポートすることもできます。PostgreSQL互換インターフェースにも対応しているため、豊富なソフトウェアやパッケージを活用できるオープンなデータベースシステムとして利用できます。

システム概要図

特長

SI Object Browser for Symfowareの特長

SI Object Browserは、データベース開発に必要な機能をオールインワンでサポートしたデータベース開発支援ツールです。SQLの実行や各種オブジェクト作成、ストアドプログラムのデバッグなど、すべての操作をGUI上で高パフォーマンスに実行することができ、DBエンジニアの開発から運用までの生産性を大幅に向上することができます。エクスポート機能などの各種DBA機能も搭載しています。

SI Object Browser ERの特長

SI Object Browser ERはデータモデリングツールです。マウスによるGUI操作でER図を設計できる他、サブ機能ごとにER図を分割する「サブモデル分割機能」や、最終更新日など各データモデルで繰り返し使われる属性をテンプレート化する「ドメイン機能」など、設計効率を向上する機能が備わっています。

Symfoware Serverの特長

Symfoware Serverは、企業や社会システムの根幹である情報基盤システムを支え、お客様に揺るぎない「あんしん」を提供する富士通の国産高信頼・高性能データベースです。世界最高水準のパフォーマンスと人に優しいユーザビリティを実現し、急変するビジネス環境にも問題なく対応することができ、様々なニーズに応えることができます。

連携製品の詳細

Symfoware ServerのOpenインターフェースを利用する場合

連携製品一覧
製品名 バージョン/型名
SI Object Browser for Symfoware Ver.2
SI Object Browser ER Ver.8.1
Symfoware Server V12

Symfoware ServerのNativeインターフェースを利用する場合

連携製品一覧
製品名 バージョン/型名
SI Object Browser for Symfoware Ver.1
SI Object Browser ER Ver.8.1
Symfoware Server V11

SI Object Browser for Symfoware

詳細は、株式会社システムインテグレータの製品ページをご覧ください。

SI Object Browser ER

詳細は、株式会社システムインテグレータの製品ページをご覧ください。

Symfoware Server

詳細は、当社の製品ページをご覧ください。

製品のお問い合わせ先

SI Object Browser for Symfoware、SI Object Browser ER

SI Object Browser for Symfoware、SI Object Browser ERに関するお問い合わせは、以下のページをご覧ください。

株式会社システムインテグレータのロゴマーク

Symfoware Server

Symfoware Serverに関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)