GTM-MML4VXJ
Skip to main content

インターフェースコンバータによる設備の稼働管理

インターフェースコンバータとSystemwalker Centric Managerによる連携ソリューション

ネットワークにつながってない設備の異常を、インターフェースコンバータを介してSystemwalker Centric Managerへリアルタイムに通知できるため、設備全体の稼働状態を一元管理できます。これにより、設備全体のトラブル状況や稼働状況が把握できるため、迅速な作業指示ができ、設備の稼働管理にも役立ちます。

システム概要図

特長

インターフェースコンバータは、Systemwalker Centric Managerに送信する内容を、条件に応じてフレキシブルに設定できます。また、ネットワーク監視表示灯と連動することで、ライト点滅やブザー鳴動などにより、異常をリアルタイムに通知できます。管理責任者はSystemwalker Centric Managerのわかりやすい監視画面により、発生箇所や内容を迅速に特定できます。

インターフェースコンバータの特長

ネットワークの状態監視をフレキシブルに制御できます。

  • 監視機能(PING監視 / トラップ受信機能 / アプリケーション監視)
  • コマンド送信(RSHコマンド送信 / SNMPトラップ送信 / SOCKET送信 / 最大8件のメール送信)
  • コマンド制御(RSHで制御可能 / SOCKET通信)
  • 接点の入出力(デジタル入力8点 / デジタル出力8点)

デジタル入力の検知条件を設定できるので、内容・状況に合わせた報知ができます。

  • 継続時間条件(入力時間の経過に合わせた出力条件を設定)
  • AND条件(入力チャンネル数に合わせた出力条件を設定)
  • 回数条件(入力回数の増加に合わせた出力条件を設定)

Systemwalker Centric Managerの特長

Systemwalker Centric Managerは、システム運用のライフサイクル(導入 / 設定~監視~復旧~評価)に従い、ソフトウェア資源の配付、システムやネットワークの集中監視、リモートからのトラブル復旧などの機能で運用管理作業を軽減します。

連携製品の詳細

連携製品一覧
製品名 型名 / バージョン
インターフェースコンバータ NBM-D88
Systemwalker Centric Manager V15

インターフェースコンバータ

詳細は、株式会社パトライトの製品ページをご覧ください。

Systemwalker Centric Manager

詳細は、当社の製品ページをご覧ください。

製品のお問い合わせ先

インターフェースコンバータ

インターフェースコンバータに関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

株式会社パトライトのロゴマーク

Systemwalker Centric Manager

Systemwalker Centric Managerに関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)