GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. パートナー&ソリューション >
  6. 連携ソリューションご紹介 >
  7. ネットワーク監視表示灯によるリアルタイムな遠隔統合管理

ネットワーク監視表示灯によるリアルタイムな遠隔統合管理

ネットワーク監視表示灯とSystemwalker Centric Managerによる連携ソリューション

ネットワーク監視表示灯とSystemwalker Centric Managerが連携することで、ネットワーク管理・監視ソフトウェア、サーバ管理・監視ソフトウェアやハードウェア機器などの状態を集中管理します。これにより、迅速なトラブル対応ができ、現場作業の効率化とスピードアップが図れます。

システム概要図

特長

社内のネットワーク対応機器の状態をSystemwalker Centric Managerでリアルタイムに集中監視し、異常発生時にはネットワーク監視表示灯に連動してライト点滅やブザー鳴動などを行い、リアルタイムかつ確実に通知することができます。管理者は、わかりやすい監視画面により、遠隔地にいても発生箇所や内容の特定が迅速に行え、スムーズな対応ができます。設備稼働率の改善と現場作業全体のスピードアップに繋がります。

ネットワーク監視表示灯の特長

ネットワーク監視表示灯は、SNMPマネージャーとして、ネットワーク対応機器(UPS、プリンタ、ルータ、スイッチなど)からのSNMPトラップを受けて、異常・障害の発生を、光と音でいち早く管理者に知らせます。また、オフホワイトを基調としたシンプルなカラーと、優しい曲線を意識したデザインでインテリアや他の機器との調和が図れます。

Systemwalker Centric Managerの特長

Systemwalker Centric Managerは、システム運用のライフサイクル(導入 / 設定~監視~復旧~評価)に従い、ソフトウェア資源の配付、システムやネットワークの集中監視、リモートからのトラブル復旧などの機能で運用管理作業を軽減します。

利用シーン

重大なイベントの自動通知による作業効率化

  • 課題
    重大なイベントが発生したときに、現場作業者が気付かず、即時対応ができない。さらに、離れた場所にいる管理者が重大なイベントを検知し、現場に通知していても、現場作業者が気付いて対応できているかわからない。
  • 効果
    重大なイベントは警報 / 警告灯で通知されるので、現場作業者がすぐに対応でき、作業のスピードアップが図れる。また、現場作業者が重要なイベントに確実に気付いたことがリアルタイムに管理者に通知されることで、作業効率が向上する。

ネットワーク監視表示灯の利用シーン

連携製品の詳細

連携製品一覧
製品名 型名 / バージョン
ネットワーク監視表示灯 ネットワーク監視表示灯
「NH-FBシリーズ」
NHL-3FB2-RYG
NHP-3FB2-RYG
NHS-3FB1-RYG
MP3再生ネットワーク監視表示灯
「NH-FVシリーズ」
NHL-3FV2-RYG
NHP-3FV2-RYG
NHS-3FV1-RYG
Systemwalker Centric Manager V15

ネットワーク監視表示灯

詳細は、株式会社パトライトの製品ページをご覧ください。

Systemwalker Centric Manager

詳細は、当社の製品ページをご覧ください。

製品のお問い合わせ先

ネットワーク監視表示灯

ネットワーク監視表示灯に関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

株式会社パトライトのロゴマーク

Systemwalker Centric Manager

Systemwalker Centric Managerに関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)