GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. パートナー&ソリューション >
  6. 連携ソリューションご紹介 >
  7. 高信頼・高性能なデータベースとオープンソースBIによる計画・パフォーマンス管理

高信頼・高性能なデータベースとオープンソースBIによる計画・パフォーマンス管理

JedoxとSymfoware Serverによる連携ソリューション

セルフサービス・ビジネスインテリジェンスであるJedoxと、PostgreSQLインターフェースを採用したSymfoware Serverが連携することで、データベースに蓄積されたデータを高速に分析し、戦略計画や売上予測などの計画・パフォーマンス管理を実現します。

システム概要図

特長

JedoxとSymfoware Serverとの連携により、Symfoware Serverに格納されている大量データから、必要なデータのみをメモリに集め、それらのデータを使い慣れたExcelを含むスプレッドシート・ベースのインターフェースで高速に分析できます。クライアントとして、Excel / Web / モバイルからのデータ入力をサポートしているため、リアルタイムに変更や調整をしながら、柔軟に計画を立てることができます。

Jedoxの特長

Jedoxの特長
株式会社KSKアナリティクス提供

  • プランニング(Planning)
    Jedoxのプランニングは、事業計画や予算計画等、お客様の求める様々な計画の管理とコントロールを簡単にし、柔軟でパワフルなソリューションを提供します。シナリオのリアルタイム・シュミレーションや異なるシナリオの分析、モデルへのリアルタイムな変更などができ、計画作成に費やす時間を削減し、正確で包括的なプランニングを実現します。
  • アナリティクス(Analytics)
    Jedoxのアナリティクスは、高度な専門知識や集中的なトレーニングを行うことなく、既存のExcelスキルを活用しつつ、高レベルの分析作業を可能にします。Excelをフロントエンドとして統合し、Excel関数のように使用することができます。Webベースのインターフェースも提供していますので、ブラウザやモバイル端末からアクセスし分析することもできます。また、大量データを計算し、表示するときには、インメモリのハイパフォーマンス並列プロセッシング(GPU)技術により、様々な分析ディメンジョンのビュー表示が高速に行えるメリットがあります。
  • レポーティング(Reporting)
    Jedoxレポーティングには、『IT専門知識なしでプロフェッショナルなレポートが作成できる』『ブラウザ、タブレットPC、スマートフォンからの作業ができる』『受信者を選んでレポートのスケジュール・自動配信ができる』などのメリットにより、レポート作成時の様々な問題を解決することができます。

Symfoware Serverの特長

Symfoware Serverは、企業や社会システムの根幹である情報基盤システムを支え、お客様に揺るぎない「あんしん」を提供する富士通の国産高信頼・高性能データベースです。世界最高水準のパフォーマンスと人に優しいユーザビリティを実現し、急変するビジネス環境にも問題なく対応することができ、様々なニーズに応えることができます

連携製品の詳細

連携製品一覧
製品名 バージョン
Jedox 5.0
Symfoware Server (注1 V12

(注1) PostgreSQLインターフェースを利用します。

Jedox

詳細は、株式会社KSKアナリティクスの製品ページをご覧ください。

Symfoware Server

詳細は、当社の製品ページをご覧ください。

製品のお問い合わせ先

Jedox

Jedoxに関するお問い合わせは、以下のページをご覧ください。

株式会社KSKアナリティクスのロゴマーク

  • お問い合わせ(株式会社KSKアナリティクスのページへ)
    お問い合わせページの「何でお知りになりましたか」のその他欄に、「富士通ホームページより」とご記入ください。

Symfoware Server

Symfoware Serverに関するお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)