GTM-MML4VXJ
Skip to main content

アクセスログによる監査証跡管理

ALog ConVerterとSystemwalker Centric Managerによる連携ソリューション

ログ監査対象サーバに蓄積された、複雑で大容量の生ログ(サーバに記録された一切加工されていない状態のアクセスログ)を、見やすいアクセスログに変換し、Systemwalker Centric Managerで管理します。これにより、フロアの入退出ログなど各種ログと合わせて、ユーザーの操作履歴の追跡 / 分析を統合的に実施できます。

システム概要図

特長

ALog ConVerterがログ監視対象サーバよりイベント収集し分析変換したログを、Systemwalker Centric Managerに取込むことで、アクセスログや操作ログを統合的に検索 / 集計 / 監視します。これにより、フロアの入退出、ドメインへのログオン / ログオフ、ファイルアクセス、印刷など、システムの各種ログと併せて、あらゆる行動をログから追跡および分析できます。

ALog ConVerterの特長

ALog ConVerterは、サーバからアクセスログを取得するタイプのアクセスログ監査ツールです。PCにもサーバにも常時稼動型のエージェントなどを設置することなくファイルアクセスやログオンなどの操作ログが取得できます。アクセスログをALog ConVerterが取得することで、監査証跡に必須となっている「アクセスログの保管」にも対応できます。サーバの複雑なイベントログを、実際のファイル操作に近くなるように正確なアクセスパターンに分析変換するので、ALog(Audit / Access)コンバータ(変換)という製品名になっています。

Systemwalker Centric Managerの特長

Systemwalker Centric Managerは、システム運用のライフサイクル(導入 / 設定~監視~復旧~評価)に従い、ソフトウェア資源の配付、システムやネットワークの集中監視、リモートからのトラブル復旧などの機能で運用管理作業を軽減します。また、さまざまなサーバやストレージ、ネットワーク機器や各種ミドルウェアのログを集中管理し、ログの横断検索と点検レポートで、確実なシステム証跡管理を実現します。

連携製品の詳細

連携製品一覧
製品名 バージョン
ALog ConVerter for Windows V7
Ver.6.0
Ver.5.2
Ver.5.1
Systemwalker Centric Manager V15
V13

ALog ConVerter

詳細は、株式会社網屋の製品ページをご覧ください。

Systemwalker Centric Manager

詳細は、当社の製品ページをご覧ください。

お問い合わせ先

連携製品および本連携ソリューションに関するお問い合わせは、以下の入力フォームまたは富士通コンタクトライン(総合窓口)までご連絡ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)