GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通ミドルウェアマスター
Symfoware Certified Associate V12

本試験は、2016年10月31日をもって終了しました。
後継資格「FUJITSU Certified Middleware Associate V1」の受験をお願いします。

資格内容

資格名 Symfoware Certified Associate V12
概要 Symfowareの基礎的な知識および技術力のある技術者を認定
  • コンセプト / 製品体系を理解し、お客様の要件に従い、適切な製品の提案ができる。
  • 製品を使うために必要な基礎知識を理解できる。

試験内容

試験名 Symfoware基本 V12
試験コード FJ0-818
試験形式 パソコン上で出題される問題に解答
試験時間 45分
試験内容 Symfoware製品群に関する基礎知識、およびSQL、DB定義文といったデータベースに関する一般知識
出題範囲 eラーニング「ミドルウェアマスター対策講座 Symfoware Certified Associate V12」の内容から出題
対象製品
  • Symfoware Server V12
  • Symfoware Active DB Guard V11
  • Symfoware Server Mirroring Controller V11
  • Symfoware Server Advanced Backup Controller V12
合格ライン 30問中24問以上
受験費用 9,000円(税抜)

試験内容

試験名 Symfoware基本 V12 特別試験
試験コード FJ0-819
試験形式 パソコン上で出題される問題に解答
試験時間 20分
試験内容 Symfoware基本 V12 から、Symfoware Server の Openインターフェースに関する問題を中心に抜粋
対象製品
  • Symfoware Server V12
合格ライン 10問中6問以上
受験費用 6,500円(税抜)
受験資格

OSS-DB Silver、またはOSS-DB Goldの資格を取得され、特別試験受験当日に有意性期間内である方

オープンソースデータベース技術者認定資格(OSS-DB技術者認定資格)とは

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)