GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通ミドルウェア技術者認定制度「富士通ミドルウェアマスター」
認定資格取得者インタビュー
ミドルウェアのプロに聞く

富士通ミドルウェア技術者認定制度「富士通ミドルウェアマスター」認定資格取得者インタビュー ミドルウェアのプロに聞く

専門分野でご活躍中の富士通ミドルウェアマスター取得者の方に、認定資格取得のメリット、担当業務などについてお話を伺いました。

お客様プロフィール

「今までこのような資格を持っていなかったため、今回、資格が取得できたことで、自信というか勢いのようなものがついた感じで良かったです」

都築電気株式会社
福元 清浩 様


中小規模の病院様向け診療支援システムや医事会計システム、臨床検査システムなど富士通の医療パッケージ「HOPE」シリーズの導入、保守などの業務に従事。富士通ミドルウェアマスターも保有。

[ 2013年2月8日掲載 ]

お客様について

都築電気株式会社様について簡単にご紹介ください

都築電気株式会社は「インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー事業」および「電子デバイス、電子機器製品、生産・技術サービス事業」のノウハウや豊富な業務経験をもとに、"最適なソリューションをグローバルに提供"し、"お客さまの企業価値向上を実現する"企業として活動しています。
また、『お客さまに最も信頼されるパートナー』ナンバー1を目指しております。最近では、テンプレート型業務支援システム「KitFit」を中心とした商品展開、屋外で効果を発揮する「CAMELUS(mirasol®ディスプレイ)」の販売事業に力を入れています。

福元様の得意分野と最近の業務経歴を簡単に教えてください

長年に渡り、医療系のお客様に携わってきました。富士通の医療パッケージには全社的に取り組んで展開しています。東京、名古屋、大阪に拠点を置き、広くサポートしておりますのでご用命ください。

最近は医療系システムの導入や保守を担当しています。中小規模の病院様向け診療支援システムや医事会計システム、臨床検査システムなど富士通の医療パッケージ「HOPE」シリーズの導入、保守などの業務に携わっています。

ご担当された代表的なシステムの概要についてご紹介ください

富士通より提供されている各種医療パッケージ「HOPE」シリーズになります。全社的に以下のパッケージをサポートしています。

  • 医事会計システム「HOPE/SX-R」「HOPE/SX-J」
  • 臨床検査システム「HOPE/LAINS-GX」
  • 電子カルテ「HOPE/EGMAIN-LX」「HOPE/EGMAIN-NX」
  • 介護「HOPE/WINCARE」「HOPE/CareJoin」

富士通ミドルウェアマスターのメリット

富士通ミドルウェアマスターを取得しようと思ったきっかけは何ですか?

汎用機、オフィスコンピュータの中で育ってきた世代ですが、昨今オープン系の世界で仕事する機会が圧倒的に多い状況です。
こういったことが背景にあり、スキルシフトの一環としてSymfowareの資格認定試験を受験しました。

今まで取得した富士通ミドルウェアマスターについて教えてください

今までに取得した富士通ミドルウェアマスターは以下のとおりです。

  • Symfoware Certified Associate V10
  • Symfoware Certified Professional データベース V10

学習教材は利用されましたか?内容、使い勝手などいかがでしたか?

学習教材の情報量はとても適切に感じました。模擬試験を繰り返し行い、eラーニングも活用しました。自宅学習もあわせると30時間は勉強したと思います。インターネット環境があればいつでもどこでも勉強できるので大変助かりました。

実際に受験されていかがでしたか?苦労した点などありますか?

RDBの理論や概念的な部分はわかりましたが、SQL文の記述や具体的な文法についてのところでは、なかなか頭に入らず苦労しました。現場では、やりたいことを逆引してSQLの命令や文法を調べることが多いと思うので、個人的にはSQLの細かな文法について問わなくてもいいのかなと感じました。

富士通ミドルウェアマスターを取得して良かったと思われる点や、業務に役立った点などありましたらお聞かせください

今までこのような資格を持っていなかったため、今回、資格が取得できたことで、自信というか勢いのようなものがついた感じで良かったです。認定証も頂けたことがさらにうれしかったです。持っている知識の証明というか、確かめるきっかけができましたし、試験勉強をしたことで、持っている知識の整理ができたことも良かったですね。
また、取得できた知識は、次のシステム構築(導入)シーンに活かせればと思います。

富士通ミドルウェアマスターの今後の取得目標などありますか?

システムの運用管理を支援する、Systemwalkerへのチャレンジも考えています。

今後のキャリアプランをお聞かせください(どのような分野で活躍されたいとお思いですか)

お客様のシステム見直しやリニューアルの機会にむけて、Symfowareと他社データベースとの比較検討ができるようになりたいと思っています。また、Symfowareに関する知識をもっと習得し、後輩育成にも貢献できればと思います。

富士通ミドルウェアマスターの取得を目指す方へ

これから富士通ミドルウェアマスターの取得を目指す方へのアドバイスなどありましたらお願いします

私のような年配者でも富士通ミドルウェアマスターを取得できました。インターネット環境があれば短い時間でいつでも勉強できます。学習教材を繰り返し反復学習すれば大丈夫です。
ただし、最上位の認定資格「Master」は実機での試験となりますので、学習だけでは難しいですが…

富士通ミドルウェアマスターについてのご意見やご要望がありましたらお願いします

富士通ミドルウェアマスター取得者の特権や制度があれば、チャレンジャーも増えるのではと思います。
例えばFAQやトラブルなどの優先的なサポート体制や、導入(設計)の技術支援や、取得資格数に応じたポイント獲得でプレゼントなどの特典があったら、なおうれしいです。

【都築電気株式会社様 会社概要】
本社所在地 東京都港区新橋6丁目19番15号(東京美術倶楽部ビル)
代表取締役社長 日浦 秀樹
設立 1941年3月26日
従業員数 1,367名(2012年3月現在)
ホームページ 都築電気株式会社 ホームページOpen a new window

おすすめコンテンツ

富士通のミドルウェア製品の技術者として高い信頼とステータスを得ることができ、組織内や業界内で自分自身の技術力をアピールする際に有効な「富士通ミドルウェアマスター」資格を取得ください。

富士通ミドルウェアマスターの詳細はこちら

本ページに記載された内容は、掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)