GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. 特集>
  6. 基幹データベースをPostgreSQLに移行!?その意外な理由とは?(2/2)

富士通の技術者に聞く!PostgreSQL最新技術
基幹データベースをPostgreSQLに移行!?その意外な理由とは?(2/2)
PostgreSQLインサイド

富士通の技術者に聞く!PostgreSQL最新技術 基幹データベースをPostgreSQLに移行!?その意外な理由とは?(2/2)

前へ

  • 1
  • 2

データベース移行の「何を、どのように」支援してくれるのか?

- 次に、移行アセスメントについて教えてください。

渡邉

移行アセスメントは、お客様が現在保有しているデータベース資産の情報をいただいた上でその内容を分析・評価して、富士通版PostgreSQLへの移行にどの程度の工数がかかるか、あるいはどんな技術的な課題が存在するかを洗い出すサービスです。この結果を基に、移行に踏み切るかどうかをお客様に判断していただきます。

- 「データベース資産の情報」とは、具体的にどのようなものを指すのでしょうか?

渡邉

現行のデータベースのDDL定義や独自のプロシジャのSQL、あるいはアプリケーションのソースコードなどの情報です。お客様からこれら情報をいただき、それを富士通の技術者が分析し、富士通版PostgreSQLへの移行に要する作業工数を見積もります。この「アセスメント」が移行の第一歩としてとても重要な役割を果たします。アセスメントの結果をまとめた報告書には全体の工数だけでなく、修正作業が必要な箇所1つ1つにつき、その詳細な内容や難易度、そして「移行ツールを使った場合の工数」と「移行ツールを使わなかった場合の工数」をそれぞれ算出して提示しています。

図1
図1 アセスメント結果のイメージ

- 工数やコストの概算から判断できるのですね。アセスメントが完了した後には、どのような作業を行うのでしょうか?

渡邉

アセスメント結果を基に、お客様がご自身で移行作業を行う場合もありますが、当社が移行作業を「移行サービス」として請け負う場合もあります。お客様の状況に応じたサービスを用意しています。

- 予算やリソース、時間的な制約などの都合に応じて、柔軟に支援の範囲を選択できるというわけですね。

渡邉

はい。お客様がご自身で行う場合は移行ツールや移行ガイドを提供いたします。さらにテクニカルデスクという形での支援もあります。

図2
図2 移行サービスの体系

- 移行ツールにはどのようなものがあるのでしょうか。

渡邉

例えば、オープンソースでは他社データベースからスキーマやデータを抽出し、PostgreSQL用に変換するツールがあるので、データの移行はそのツールを使用してできます。当社からは、アプリケーションの移行ツールを提供しています。このツールを使用すると、ソースコードなどの記述を単純に置き換えるだけで対応できる作業は、自動的に処理できます。そのため、ほとんど移行工数が掛かりません。ただ、ツールによる自動置き換えだけでは対応しきれないものもあり、中には富士通版PostgreSQLに対応する機能がないために、個別にプログラム開発などで対応しなくてはならないケースもあります。

- 移行ツールですべて置き換えるということは、やはり難しいのでしょうか。

渡邉

そうですね。アプリケーションは一つひとつ違いますから、それぞれの処理を考慮して移行しなければなりません。ですから、すべてを一括置換することは現実的に難しいです。この問題を少しでも解消するために、移行ツールにかけた際に自動置き換えできない部分には具体的なヒントを記載し、効率的に修正できるようにしています。

複数のデータベースを段階的にPostgreSQLへ置き換えていくには

- 移行する企業の傾向として、単体の移行から基盤全体を移行するという要件が出てきていると伺いましたが、このようなケースでは、移行の難易度は高くなるのでしょうか?

山本

確かに、複数のシステムで構成された大規模な業務システムの場合、やはりデータベース製品の置き換えは一筋縄ではいきません。すべてを一括して置き換えられればいいのですが、それではあまりにもリスクが高すぎます。かといって、1台ずつPostgreSQLに入れ替えていけばいいかというと、それはそれでさまざまな課題に直面することになります。その最たるものが、データベース間の連携にまつわる問題です。

- 具体的には、どんなところが問題になるのでしょうか?

山本

複数のシステムから構成される業務システムでは、多くの場合、それぞれのデータベースが密接に連携しています。例えば、よく利用されているのが「マテリアライズド・ビュー・レプリケーション」という機能です。これはある商用データベースの機能なのですが、テーブルのようにクエリの結果をキャッシュしておける「マテリアライズドビュー」に、外部データベースから取得したデータを保持しておくことができます。外部データを参照する際に、毎回、外部データベースにアクセスしなくてよいため、効率よくデータを参照できます。このような場合、片方のデータベースをPostgreSQLに移行した際にも、移行前と同様にもう一方のデータベースのデータを参照できるようにする必要があります。

- 一部のデータベースをPostgreSQLに移行した場合も、業務の運用には影響を与えないようにするということですね。PostgreSQLに移行しても連携できるのでしょうか。

山本

PostgreSQLの場合、Foreign Data Wrapper(以降、FDW)を使用すると、外部の異種データベースと連携できます。ただし、FDWは外部データを参照するたびに、外部データベースにアクセスするため、それだけでは外部データの参照効率が低下してしまいます。PostgreSQLの場合もマテリアライズドビューと組み合わせることで、データを効率的に参照することができます。
ただ、マテリアライズド・ビュー・レプリケーションが差分データのみを反映することでデータベースやネットワークに負荷をかけずに効率的に更新できる一方で、FDWとマテリアライズドビューの組合せの場合、すべてのデータを入れ換えることしかできません。

- 例えば、大量のデータを連携させる場合、データベースやネットワークに負荷がかかり性能に影響がでる、ということでしょうか。

山本

そのリスクは否めません。FDWはOSSなので、差分反映できるように開発するという手段もありますが、富士通では「Linkexpress Replication option」というデータ連携製品を活用して、この問題を解消しています。これを使えば、マテリアライズド・ビュー・レプリケーションと同様に、データの差分反映が可能になります。データ量が多い場合や頻繁に更新をかける場合は、この方法が有効です。

- 状況に応じて手段を選択することで、PostgreSQLに移行した後も、移行前と同じ業務を実現できるのですね

山本

はい。特に移行の場合、移行前の性能や運用を維持することは、移行決定を左右する重要な要因になります。FDWやマテリアライズドビュー、Linkexpress Replication optionなどを業務に合わせて選択していくことで、段階的な移行を実現しています。

図3
図3 データベース間の連携

- データやアプリケーションが移行できるだけでなく、移行前の性能や運用などをどう維持できるかということも含めて「移行できる」ということが重要なのですね。今後、さらに移行支援策を拡充していく予定などはありますか?

渡邉

移行にかかる工数をさらに圧縮するためには、移行テストの作業をもっと効率化する必要があると考えています。そのために、移行テストを自動化できるツールや、効率的なテストを行うためのガイドなどを提供していく予定です。既にオープンソースでアプリケーションテストを自動化できるツールなどが出回っていますから、そういったものをうまく活用する方法なども提案できると思います。移行作業全体の中でテストが占める割合はかなり大きいので、これを大幅に効率化できれば移行のハードルもさらに低くできるはずです。

- 移行へのさまざまな不安が払拭されるお話でした。ありがとうございました。

前へ

  • 1
  • 2

技術者からのコメント

富士通株式会社 ミドルウェア事業本部 データマネジメント・ミドルウェア事業部 山本 明範 マネージャー

富士通株式会社
ミドルウェア事業本部 データマネジメント・ミドルウェア事業部
マネージャー 山本 明範

入社以来、データベース(Symfoware)の開発と、製品の技術支援に携わってきました。
SymfowareがPostgreSQLを取り込んだことで、新たな商談の機会や、データベース関連製品を扱う皆様との接点が増え、忙しい毎日が続いています。
オープンソースのPostgreSQLを中核としたことで、いろいろな協力者や、ツール、開発手法が使える点が従来のSymfowareにはない魅力だと感じています。
Symfowareとしてだけでなく、PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムという日本企業の団体活動にも参加、ミッションクリティカル性の高いエンタープライズ領域のシステムへ、PostgreSQLの普及に尽力しています。

富士通株式会社 ミドルウェア事業本部 データマネジメント・ミドルウェア事業部 渡邉 博文

富士通株式会社
ミドルウェア事業本部 データマネジメント・ミドルウェア事業部
渡邉 博文

入社以来、データベースの開発に携わり、アプリケーションインターフェース機能を中心に担当。5年ほど前から他社データベースからの移行支援に参画している。
移行支援立ち上げ当初は、移行ツールなどが揃っておらず、アセスメントに1か月要する案件もあったが、現在では、最速で1日で完了するまでにスピードアップ。アセスメントに対するセキュリティ対策としては、資産があるところに出向く、出張アセスメントで対応。
本年度は、アセスメント依頼が好評で、昨年度の5倍の案件を対応中、週に2日は、出張アセスメントにも対応し、全国飛び回っている状態。今後は、アセスメントした案件を確実に、移行してもらえるよう、製品へのフィードバック、移行ツールや移行ドキュメントの整備を実施していきたい。


本ページに記載された内容は、掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

富士通のPostgreSQLに関する情報がここに「PostgreSQL インサイド」

製品情報

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)