クラウドネイティブNow

知識・ノウハウ不足の壁を乗り越えクラウドネイティブの価値を引き出す方法

日経XTECH X Fujitsu

DXの本質となる新たな価値を生みだすための環境を整えるには、単に既存システムをクラウドにリフトするだででなく、クラウドネイティブ技術を積極的に活用することが不可欠です。クラウドネイティブ技術の活用に取り組む企業は増えていますが、一方で全面活用に至っているお客様はまだ多くありません。
お客様のクラウドシフトを進めるために、富士通が提供する、アプリケーション開発の基盤からコンテナベースの実行基盤、データベースサービス、運用監視基盤、API管理の仕組みまでを備えたフルマネージドサービスについて紹介します。

FUJITSU Hybrid IT Service Digital Application Platform

詳しくは日経XTECHの記事をご覧ください。

関連製品・サービス

当社が提供するDX実現の課題にお応えするハイブリットITサービスの詳細は下記ページをご覧ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)

0120-933-200

受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ