情報通信業G社様 導入事例
クラウドネイティブNow

公共向けSaaSの段階的モダナイズにより、運用コスト削減、可用性向上とお客様ニーズへの早期対応による競争優位性の向上を実現

公共分野のSaaSにおいては、近年のデジタル化の普及に伴い、より安価で、より可用性が高いサービスが求められています。また法改正への対応など、お客様ニーズに迅速に対応できることも必要となります。情報通信業G社様では、アプリケーション運用が最適化されたプラットフォーム上でアプリケーションのモダナイゼーションを段階的に実施することで、これらのニーズに対応し、本SaaSの競争優位性の向上を実現しました。

課題

  • 運用改善によるコスト削減も限界
  • 可用性を向上したい
  • アプリケーションに依存関係や密結合が多く、スピーディーにアップデートが行えない

効果

  • システムのモダナイズにより運用プロセスを抜本的に変革することで、従来の運用改善では実現が難しいレベルの運用コスト削減を実現し、技術者不足も解消
  • コンテナプラットフォームのもつ可用性を実現する機能の活用でシステム運用に負荷をかけることなく可用性を向上することにつながった
  • アプリケーションのアーキテクチャー変更により迅速柔軟にアップデートができるアジャイル開発に対応したことで、お客様ニーズへの早期対応を実現

システムの概要

本事例の詳細はFUJITSU Hybrid IT Service Digital Application Platformのページをご覧ください。

関連製品・サービス

当社ソフトウェアや他社ソフトウェアを使って構築されたJavaのWebシステム(業務システム)などを当社ソフトウェアを使ってクラウドやコンテナ上に確実に移行、配置するサービスをご提供しています。詳細は下記ページをご覧ください。

当社が提供するDX実現の課題にお応えするハイブリットITサービスの詳細は下記ページをご覧ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)

0120-933-200

受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ