GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. 特集 >
  6. ソフトウェアの導入だけでWAN通信の高速化を実現!

ソフトウェアの導入だけでWAN通信の高速化を実現!

ソフトウェアの導入だけでWAN通信の高速化を実現!~動画、特集、事例にてご紹介~

さまざまな業務のICT化が進む一方でネットワークを流れるデータは肥大化を続け「クラウドへのバックアップが夜間中に終わらない」「地方拠点へのデータ転送に時間がかかり迅速な意思決定ができない」など新たな課題を生んでいます。「Interstage Information Integrator」は独自の高速データ転送技術により、リアルタイムな情報利活用に求められる大量データの高速転送を実現します。

大量データを短時間で転送!高速データ転送
~Interstage Information Integratorのご紹介~

Interstage Information Integratorは、海外を含む遠隔地へのファイル転送や、データセンターにあるファイルサーバへのアクセスなど、WAN経由の大容量データ送受信を高速化するソフトウェアです。Interstage Information Integratorの概要について簡単にご紹介します。

再生時間:2分35秒

特集
WAN経由の通信をソフトウェアのみで高速化し遠隔地との円滑なデータ送受信で業務効率化を実現

WAN経由の通信をソフトウェアのみで高速化し遠隔地との円滑なデータ送受信で業務効率化を実現する製品をご紹介します。

導入事例

【グローリー株式会社 様】
海外拠点とのネットワーク通信をソフトウェアのみで高速化し、仮想デスクトップ上でCADのスムーズなレスポンスを実現しました。

社内実践事例

【富士通株式会社】
WANで直面する課題「ネットワーク遅延」を解決し、グループ全社のファイル共有サービスへのアクセスの高速化を実現しました。

もっと知りたい!

Interstage Information Integratorについて、もっと知りたい方にピッタリなコンテンツをご用意しています。初級編から上級編まで各種取り揃えていますので、併せてご覧ください。

初級編
高速通信ってなに?

  • どこにいても自動で高速通信(やさしい技術講座)

    身近にあるテクノロジーについて易しく分かりやすく解説する富士通研究所の人気コーナーです。なぜ通信が遅くなるのか?その解決策は?富士通オリジナルの通信方式(UNAP高速再送方式 / RPS誤り訂正方式)などについて解説します。

中級編
データ通信を高速にする「WAN高速化技術」とは?

中級編
ファイル共有の高速化を実現する技術と効果

上級編
輻輳制御の制約による通信性能の課題と解決方法とは?

  • PDF拠点間のデータ通信性能を改善するWAN高速化技術(雑誌FUJITSU:874KB)

    WANにおける輻輳制御の制約により最大通信速度を使いきれず通信性能が上がらないという課題の解説と、解決策として富士通研究所が開発した業界最高レベルのWAN高速化技術(トランスポート最適化技術、データ最適化技術など)について、技術的解説を交えて詳しく紹介します。


ご紹介した製品

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)