GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. 特集 >
  6. WAN経由の通信をソフトウェアのみで高速化し遠隔地との円滑なデータ送受信で業務効率化を実現

WAN経由の通信をソフトウェアのみで高速化し遠隔地との円滑なデータ送受信で業務効率化を実現

WAN経由の通信をソフトウェアのみで高速化し遠隔地との円滑なデータ送受信で業務効率化を実現

[ 2016年1月15日掲載 ]

通信距離や回線品質の低さ、回線の混雑による通信速度低下が業務を阻害

グローバル化が進み、経営スピードがますます求められる中、企業が円滑なデータ連携や情報共有、コミュニケーションなどを行うには、適切なネットワークインフラが必須であることは言うまでもありません。

自社の拠点間やデータセンター間、取引先や業務提携先などを結ぶWAN経由のネットワークは、長距離化や回線品質の低さ、アクセス負荷集中などの要因で速度が低下するため、回線の通信速度に悩みを抱える企業が増えています。

グローバルに展開している企業の場合は、現地のネットワークの速度が不十分だと、売上データなどの転送に時間がかかり、経営スピード低下の一因にもなります。しかも、その深刻度はデータサイズに比例します。例えば、製造業にて国内と海外の開発拠点で、3D CADの設計データなど大容量のデータをリアルタイムで同期しながら共同設計を行いたい場合、ネットワークの遅さは業務に大きな支障をきたします。ましてや仮想デスクトップ環境での設計業務となると、動作の鈍さは業務に致命的な影響を及ぼします。

また、国内外を問わず、自社およびグループ企業全体でシステムをデータセンターに集約した場合、ネットワーク回線の帯域が不足していると、トラフィック増やアクセス集中による業務システムのレスポンス低下が起こりやすくなります。もちろん、近年加速する業務システムのクラウド化においても、同様の問題が立ちはだかります。

通信速度が遅いネットワークは、事業継続性にも悪影響を及ぼします。中でも、災害対策目的でのバックアップでは、遠隔地のデータセンターを用いるのが基本です。その際にネットワークが遅いと、普段のバックアップはもちろん、緊急時のリストアにも多大な時間が必要となります。業務再開までの時間が延びることは明らかであり、機会損失や納品遅れによる信頼失墜など、経営に与えるダメージは計り知れません。

回線増強のコスト、WAN高速化装置の導入・運用コストや工数がネック

そのようなネットワークインフラの課題を解決するにはどうすればよいのでしょうか。真っ先に思いつく解決策は、より広帯域なネットワークへの増強や刷新ですが、そもそも予算や工数の面で非現実的という企業が大半を占めています。特に国際間のネットワークは帯域当たりのコストが国内の何倍にも上り、増強するとなると多大なコスト増を強いられます。

仮にネットワークを増強・刷新できたとしても、海外との通信では現地の回線品質や遅延が原因で帯域を使い切れず、期待した効果が得られないケースが多々見受けられます。

既存のネットワークを活かすなら、確かにアプライアンス型のWAN高速化装置の導入も有効です。しかしながら、ハードウェアの導入に必要なコストや運用工数が大きな壁となり、断念せざるを得ない企業が少なくありません。

独自技術により狭帯域・低品質の回線でも、ソフトウェアのみで通信を高速化

そのような企業の課題を解決するのが、「FUJITSU Software Interstage Information Integrator」。遠隔地とのWAN経由の大量データ送受信を高速化するミドルウェアです。

同製品の最大の特長は、ソフトウェアのみで高速化を実現できる点です。導入時のハードウェア調達コストは一切不要です。さらに、使用中のシステム構成の変更もアプリケーションの改修も不要です。運用についても、もちろんハードウェアの保守も必要ないため、アプライアンス型製品に比べて保守工数とコストを大幅に削減できます。

富士通独自の特許技術の数々によって、大きな高速化効果が得られる点もInterstage Information Integratorの強みです。その大きな柱が、(1)「トランスポート高速化」と、(2)「データ最適化」です。

(1)は信頼性を確保したUDP(User Datagram Protocolの略でエラー訂正機能を持たないため、TCPよりも信頼性に劣るが、高速に転送できる)通信を実現し、ネットワークの空き帯域をリアルタイムに計測・推定したレートで送信することで、帯域を最大限に活用します。

(2)は重複除去と圧縮の2機能からなります。重複除去は、一度送信したデータを送信側と受信側の双方で保存し、2回目からは同じデータの送信を省略します。WANで転送されるデータの中から統計的に出現頻度の高いデータを優先的に保存することで、ディスク容量が限られた端末においても、高い重複除去性能を実現することが特長です。データ圧縮は、データ内に繰り返し出現するパターンの発見率に応じて探索間隔を動的に調整し、CPU負荷を抑えつつ高速圧縮を行います。

これらの独自技術によって、距離が遠い拠点間でも、低品質な回線でも、回線が混雑していても、高速化効果の恩恵を十分に享受できるようになります。

富士通では実際に自社ネットワークに、Interstage Information Integratorを導入・活用しています。その結果、西日本拠点から関東拠点へのファイル(10MB)のアップロードを15秒から0.9秒に、欧州拠点から日本拠点への売上データ(5MB)のダウンロードを4分22秒から12秒に高速化できたなど、大きな効果を得ています。

このようにInterstage Information Integratorは富士通の独自技術および高い運用性と信頼性のもと、WAN経由の大量データ送受信を確実に高速化することで、企業の業務効率化に貢献します。

ご紹介した製品

本ページに記載された内容は、掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)