【期間限定】DXを推進するデータベースに求められる性能を解説した資料を公開!

DXを推進し新しいビジネスを創出するためには、様々なデータの活用が不可欠です。新規ビジネス立ち上げに向けた実証検証時のデータ活用には、業務データに加え、IoTやオープンデータを加えた多種・大量なデータの処理が求められることがあり、データ処理量が増えれば処理時間が問題になります。さらに、実際にビジネスをスタートさせるときにも、アクセス集中などで負荷がかかったときに適切に負荷分散させる仕組みを用意しておく必要があります。
こういった要求に対して、Fujitsu Enterprise Postgresでは、導入するだけでアプリケーションの変更も必要とせずに性能を発揮し、負荷分散にも自動で対処して、常に高速なデータ処理を実現することができます。
本資料では、Fujitsu Enterprise Postgresがこれらをエフォートレスに実現している方法について解説します。

DXを推進するデータベースに求められる性能とは
ーFujitsu Enterprise Postgresが実現する高性能なデータ活用の世界ー

DXを推進し新しいビジネスを創出していく中で、データベースには、データの処理性能に加え、ビジネス開発を推進する性能が求められます。本資料では、DX時代に最適なデータベースFujitsu Enterprise Postgresが提供する敏捷性、高性能、拡張性をご紹介します。合わせて当社にお問い合わせの多いPostgreSQLのチューニングのノウハウをお伝えしています。

  • DX推進とデータベース
  • エンタープライズ利用に向けたPostgreSQLを強化した
    Fujitsu Enterprise Postgresによる性能向上
  • PostgreSQLの性能進化とチューニング

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)

0120-933-200

受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。