GTM-MML4VXJ
Skip to main content

TeamWARE Office クライアントアプリケーション: 添付ファイルに関する脆弱性 (2007年3月15日)


本セキュリティサイトについてのご注意

1.背景と問題点

 TeamWARE Officeが提供するクライアントアプリケーションにおいて、添付ファイルによりアプリケーションが使用不能になる脆弱性があります。

 この問題は以下のJVN#89344424に該当します。
 JVN#89344424:「複数のメールクライアントソフトにおける、添付ファイルによりメールクライアントソフトが使用不能になる脆弱性」
 http://www.ipa.go.jp/security/vuln/documents/2005/JVN_89344424_MultiMailer.html

 TeamWARE Officeについては以下のページを参照してください。
 http://www.fujitsu.com/jp/products/software/applications/applications/teamware/

 富士通は、3.に示すセキュリティパッチを提供していますので、早急に適用する様にお願いします。

2. 一時的な回避方法

  ありません。

3. 該当システム・パッチ情報

該当システム

GP7000F, PRIMEPOWER, GP-S, PRIMERGY, GP5000, DS/90, GP7000D
クライアント環境 (Windows 95, 98, Me, XP, NT, Windows 2000 Professional, 2000 Server, Windows Server 2003)

製品名 対象OS パッケージ名 Patch ID
TeamWARE Office V5.3L10 UXP/DS V20L10, V20L20 uxpTWOsrv -
TeamWARE Office V5.3L11 UXP/DS V20L10, V20L20 uxpTWOsrv -
TeamWARE Office V5.3L12 UXP/DS V20L10, V20L20 uxpTWOsrv -
TeamWARE Office V5.3L13 UXP/DS V20L10, V20L20 uxpTWOsrv TP09151
TeamWARE Office 200X V1.0L10 UXP/DS V20L10, V20L20 uxpTWOsrv -
TeamWARE Office V5.3L10 Solaris 2.51, 2.6 FSUNTWOsv -
TeamWARE Office V5.3L11 Solaris 2.51, 2.6 FSUNTWOsv -
TeamWARE Office V5.3L12 Solaris 2.51, 2.6, 7 FSUNTWOsv -
TeamWARE Office V5.3L13 Solaris 2.51, 2.6, 7, 8 FSUNTWOsv TP09151
TeamWARE Office 200X V1.0L10 Solaris 2.6, 7, 8, 9 FSUNTWOsv -
TeamWARE Office 200X V1.0L20 Solaris 2.6, 7, 8, 9 FSUNTWOsv TP09150
TeamWARE Office 200X V2.0L10 Solaris 2.6, 7, 8, 9 FSUNTWOsv -
TeamWARE Office 200X V2.0L20 Solaris 2.6, 7, 8, 9, 10 FSUNTWOsv TP09149
TeamWARE Office V5.3L12 Linux(注1) TeamWAREOffice-5.3.12-0 -
TeamWARE Office 200X V1.0L10 Linux(注2) TeamWAREOffice-10.0.2-0 -
TeamWARE Office V5.3L10 Windows NT server 製品名と同じ -
TeamWARE Office V5.3L11 Windows NT server 製品名と同じ -
TeamWARE Office V5.3L12 Windows NT server, Windows 2000 server 製品名と同じ -
TeamWARE Office V5.3L13 Windows NT server, Windows 2000 server 製品名と同じ TP09151
TeamWARE Office 200X V1.0L10 Windows NT server, Windows 2000 server 製品名と同じ -
TeamWARE Office 200X V1.0L20 Windows NT server, Windows 2000 server 製品名と同じ TP09150
TeamWARE Office 200X V2.0L10 Windows NT server, Windows 2000 server, Windows Server 2003 製品名と同じ -
TeamWARE Office 200X V2.0L20 Windows NT server, Windows 2000 server, Windows Server 2003 製品名と同じ TP09149
TeamWARE Office WorkGroup Edition Windows NT server 製品名と同じ -

 上記サーバ製品に同梱されているWindowsクライアントアプリケーションに対して修正を提供します。お手数ですが、本修正の入手方法など詳細に関しましては、当社サポート窓口にお問い合わせください。
 なお、TeamWARE Office 200X V2.0L30以降には、本問題は存在しません。

 (注1) Linuxとは、TurboLinux 6.0,OpenLinux2.3を示します。
 (注2) Linuxとは、Redhat Linux 7.2、Redhat Linux 7.3、Turbo Linux 7 server、Open Linux 3.1.1を示します。

4. 改版履歴

  • 2007年3月15日 新規掲載