GTM-MML4VXJ
Skip to main content

グローバル拠点のICTインフラを統合監視
Oracle製品からのアラートも含め監視を一元化

富士通テン株式会社本社社屋の写真

富士通テン株式会社 導入事例


富士通テンは国内外の拠点ごとに構築・運用していた基幹システムをオラクルの「Oracle E-Business Suite」で刷新。それにあわせて、富士通の「Systemwalker Centric Manager」も導入し、Oracle製品も含めアラート通知を一元化するなど、統合運用監視体制を整備した。
さらには富士通の「Systemwalker Operation Manager」の導入によって、ジョブ管理の大幅な効率化も達成し、グローバルでのシステム運用管理の最適化を実現した。

[ 2014年3月17日掲載 ]

【導入事例概要】
業種: 製造 - 機械
製品: ソフトウェア
  • FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager(システム運用とICT資産の統合管理)
  • FUJITSU Software Systemwalker Operation Manager(システムの自動運用とジョブスケジューリング)
  • Oracle E-Business Suite(グローバル企業の持続的成長を支えるエンタープライズ・アプリケーション)
【課題と効果】
1 Oracle製品を含む複数システムを一元監視したい Oracle管理ツールと連携した統合監視を実現
2 運用監視システムの海外展開をより確実に図りたい 手厚いサポートでグローバル展開を支援
3 ジョブスケジュール作成作業を効率化したい 月に2から3日要していたジョブスケジュール作成を削減

icon-form 本事例に関するお問い合わせ

導入の背景

基幹システム刷新のグローバル展開に伴いシステム運用監視の一元化に取り組む

市販向け「ECLIPSE(イクリプス)」ブランドのカーナビゲーション・カーオーディオや自動車メーカー純正品、および自動車用電子部品などの製造販売を事業展開する富士通テン株式会社。
近年はICTの活用をより進めた「つながる」テクノロジーによって、対話型エージェントによるカーナビゲーション操作、スマートフォンを使った車両全周囲モニタなどのドライバーサポートを提案している。

富士通テン株式会社 IT統制部 主査 システム開発担当 山口 和隆 氏の写真
山口 和隆
富士通テン株式会社
IT統制部 主査 システム開発担当

同社のグループ会社は国内が8社、海外は北米やアジアなど23社であり、事業所総数はグローバルで70拠点にのぼる。
富士通テン株式会社 IT統制部 主査 システム開発担当 山口 和隆 氏は「今までは各拠点が独自にシステム導入・運用を進めていました。現在はグローバルでICTガバナンス強化をより図るべく、本社主導による標準化されたシステム構築・運用を積極的に進めています」と語る。

2008年、国内拠点のメインフレーム老朽化を契機に、業務プロセスをシンプル化し、国内・海外拠点の各種実績把握のためにシステム / データをグローバルで統合することを主な目的として、受発注や一般会計などの基幹システムに、オラクルの「Oracle E-Business Suite」を導入。
あわせて、データベース基盤に「Oracle Database Appliance」、データ集約の基盤に「Oracle Exadata」を採用した。

システム監視は、Oracle製品については「Oracle Enterprise Manager」を用い、コマンドラインによる直接操作も併用。

一方でメインフレームは自社開発ツール、オープン系はオープンソースソフトウェアで監視を行い、ジョブ管理は共通で国内ベンダー製品を利用していた。

富士通テン株式会社 IT統制部 戦略企画チーム 濱本 弘治 氏は「従来はOracle E-Business SuiteをはじめとするOracle製品、ジョブ稼働状況などの監視はシステムや製品ごとに個別で行っており非効率的でした。それら異なるベンダーの各種システムを含め、国内外拠点のシステムを本社から一元的に監視できる体制を整備したいと考えていました」と話す。

富士通テン株式会社 IT統制部 戦略企画チーム 濱本 弘治 氏の写真
濱本 弘治
富士通テン株式会社
IT統制部 戦略企画チーム

富士通テン株式会社 IT統制部 運用管理チーム チームリーダー 坂本 満 氏の写真
坂本 満
富士通テン株式会社
IT統制部 運用管理チーム チームリーダー

また、本社主導でのシステム監視をグローバル展開するにあたり、製品のサポートがネックとなっていた。
富士通テン株式会社 IT統制部 運用管理チーム チームリーダー 坂本 満 氏は「従来の監視ツールはサポートが不十分であり、ジョブ管理ソフトは海外サポートが未対応であるなど、グローバル展開に不安を抱えていました」と振り返る。

ジョブ管理の実務でも課題に直面していた。
富士通テン株式会社 IT統制部 運用管理チーム 名田 裕司 氏は「従来のジョブ管理ソフトは、オペレーション上コマンド等の専門知識が必要で、完全に属人化していました。また、月次および日次でスケジュール作業が必要なため、スケジュール処理実行・確認作業に時間がかかっていました」と打ち明ける。

富士通テン株式会社 IT統制部 運用管理チーム 名田 裕司 氏の写真
名田 裕司
富士通テン株式会社
IT統制部 運用管理チーム

導入のポイント

海外サポートの手厚さなどから、富士通のSystemwalkerシリーズを採用

富士通テンは国内拠点のOracle E-Business Suite導入の初期段階から、富士通のEBSソリューションチームの支援を受けていた。
その運用設計段階で、統合運用監視に「Systemwalker Centric Manager」、ジョブ管理に「Systemwalker Operation Manager」を提案され、採用するに至った。

「実績の高さに加え、グローバル展開において手厚いサポートが受けられるので安心できますね。将来的に富士通へ運用をアウトソースする可能性も考慮し、Systemwalkerシリーズに決めました」(坂本氏)

システム概要

Systemwalker Centric ManagerとOracle Enterprise Managerを連携

Oracle E-Business Suite用サーバには、富士通製SPARC / Solarisサーバを採用した。
2008年9月には北米、2012年5月には国内へのOracle E-Business Suite導入が完了し、現在は北米以外の海外拠点に順次展開中である。
SystemwalkerシリーズはOracle E-Business Suiteの展開にあわせて導入し、統合運用監視体制を構築している。

富士通テン株式会社 IT統制部 運用管理チーム 乾 知樹 氏の写真
乾 知樹
富士通テン株式会社
IT統制部 運用管理チーム

富士通テン株式会社 IT統制部 運用管理チーム 乾 知樹 氏は「Oracle Enterprise ManagerとSystemwalker Centric Managerを連携させ、運用監視をSystemwalker Centric Managerに一元化したことが大きなポイントです」と説明する。

他にも、障害発生時はメール通知に加え、Systemwalker Centric Managerと他社製警告灯を連携させ、警告灯点滅による通知も可能にするなど、さまざまな視点から監視体制を整えた。

富士通テン株式会社が導入したシステムの概要図です
【富士通テン株式会社導入事例 システム概要図】

(図注) 図の中で使用されている略称は下記のとおりです。
SWCM = Systemwalker Centric Manager
SWOM = Systemwalker Operation Manager
OEM = Oracle Enterprise Manager

導入効果と今後の展望

異常通知を集約し、監視の一次対応を一元化
ジョブ管理工数の大幅な削減も実現

富士通テンはSystemwalker Centric Managerの導入によって、国内外拠点のICTインフラの運用監視体制の最適化を実現できた。
「Oracle Enterprise Managerが検知した異常をSystemwalker Centric Manager経由で通知できるようになりました。他システムの監視もSystemwalker Centric Managerに集約し、監視における一次対応は一元化できました。これでシステムごとに監視ツールを使う煩わしさから解放されましたね」と強調する濱本氏。
乾氏も「Systemwalker Centric Managerは障害の発生状況が視覚的に表示されるため、システムへの影響範囲を直感的にイメージしやすくなりました」と続ける。

現在は通知の一元化のみだが、Oracle E-Business SuiteなどOracle製品のアラート検知はSystemwalker Centric Managerで行い、細かいステータス確認などはOracle Enterprise Managerで行うといった使い分けにも取り組む予定であり、運用監視のさらなる精度向上や効率化を狙う。

グローバル展開における製品サポートについても、従前の不安を払拭できた。
「Systemwalkerシリーズは海外を含め、富士通から手厚いサポートを受けられます。そのため、サポート面の不安に阻まれることなく、グローバルでの統一をより推進可能となりました」と坂本氏は語る。本社主導でのシステム構築・運用の基盤としても期待している。

一方、ジョブ管理はSystemwalker Operation Managerの導入によって、大幅に効率化できた。
「GUIベースなので、コマンドを覚える必要が無く、簡単に操作できます。その上、スケジューリングはマスタ情報がほぼそのまま使えるため、月次・日次のスケジュール作成工数が半減以下となったのが大きいですね」と名田氏は目を細める。

同社は今後、残りの海外拠点へのOracle E-Business SuiteおよびSystemwalkerシリーズ展開を計画に沿って進めていく。
「海外展開のなかで、コストとのバランスを鑑みつつ、Systemwalkerシリーズの適用範囲を適材適所で拡大します。また、Systemwalkerシリーズの機能を今まで以上に使いこなすことで、運用監視やジョブ管理のさらなる最適化を加速し、投資対効果を高めていきます」と坂本氏は展望を述べる。

富士通テン株式会社担当者
富士通テン株式会社担当者

【富士通テン株式会社 会社概要】
社名 富士通テン株式会社
本社所在地 兵庫県神戸市兵庫区御所通1丁目2番28号
設立 1972年10月25日
資本金 53億円
代表取締役社長 重松 崇
従業員数 3,394名(連結:10,676名)(2013年9月末現在)
事業概要 カーナビやカーオーディオなどのインフォテインメント機器、制御用ECUやミリ波レーダーなどの自動車用電子部品などの製造販売。
富士通テン株式会社 会社ロゴマーク
ホームページ 富士通テン株式会社 ホームページOpen a new window

他の導入事例

この事例を見た方にお勧めするページ

【導入事例(PDF版)】

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)