GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. 導入事例 >
  6. 大和証券株式会社様 Interstage Application Server

改修率1割以下でJavaアプリケーションを安全に移行
安定稼働と拡張性を確保

- アプリケーションサーバ「Interstage Application Server」 -

大和証券株式会社様 イメージ写真

大和証券株式会社様 導入事例


大和証券様はインフラ刷新に際し、異なるOSへの移行、Javaのバージョンアップを実施。膨大な資産を僅かな改修率で、安定稼働と拡張性を確保しました。

[ 2012年11月30日掲載 ]

【導入事例概要】
業種: 金融・保険証券
製品: ソフトウェア
  • FUJITSU Software Interstage Application Server(アプリケーションサーバ)
ハードウェア
  • FUJITSU Server PRIMERGY(PCサーバ)
【課題と効果】
1 改修を抑え、既存アプリケーションを安全に移行したい 標準Javaとの完全互換により、既存アプリケーションを継続利用
2 社会インフラとしての信頼性を確保したい 万一の障害も影響の極小化や自動リカバリーで業務を継続
3 アクセス急増時でもレスポンスを安定させたい 簡単なロードシェアで、高トランザクションに対応

icon-form 本事例に関するお問い合わせ

導入の背景

DOTシステムのインフラ刷新 最小限の改修でアプリ移行を目指す

大和証券株式会社 システム企画部 担当部長 山田 芳也氏の写真
山田 芳也
大和証券株式会社
システム企画部 担当部長

大和証券の個人投資家向けオンライントレードシステム「ダイワのオンライントレード」(以下、DOTシステム)は、株式/投資信託/債券からFX/先物・オプションまで幅広い品揃えを誇る。
顧客がインターネットで、利便性の高い情報ツール類を使用してトレードを行う「ダイワ・ダイレクト」コースと、営業店で対面アドバイスを受けられる「ダイワ・コンサルティング」コースを用意。現在、オンライントレードの利用者は250万人を超える。

大和証券株式会社 システム企画部担当部長 山田 芳也 氏は「DOTシステムは社会インフラです。売買を支えるシステムの停止は許されません。処理性能や信頼性、安定性、拡張性が高いレベルで求められます」と強調する。

同社はシステムや運用などの見える化を重視し、2009年、一部ハードウェアの保守切れを契機に、DOTシステムのインフラ刷新を決めた。
大和証券株式会社 システム企画部 基盤システム課長 副部長 川岸 伸二 氏は「最初に社内で徹底議論し、高い信頼性をはじめ、“絶対に譲れない10項目"を掲げました」と語る。

その10項目を基に、拡張性を向上し、システムをより長く利用するため、OSを商用UNIXからハ-ドウェアベンダーに依存しないLinuxに切り替え、仮想化によってサーバを集約、業務ロジックを変えないなど、新インフラの具体像を固めていった。

大和証券株式会社 システム企画部 基盤システム課長 副部長 川岸 伸二氏の写真
川岸 伸二
大和証券株式会社
システム企画部 基盤システム課長 副部長

大和証券株式会社 システム企画部 基盤システム課 次長 小貫 武氏の写真
小貫 武
大和証券株式会社
システム企画部 基盤システム課 次長

アプリケーションサーバについては「約8000本の既存のJavaアプリケーションは、機能や外部仕様を変えず、そのまま移行すると決めました。その際、極力改修せず安全に移行できることを重視しました」と大和証券株式会社 システム企画部 基盤システム課 次長 小貫 武 氏は説明する。

同時に、万一の障害発生時もサービスに影響を与えず、業務を継続可能とすること、アクセス急増時に柔軟に対応可能とすることも、アプリケーションサーバ選定の条件とした。

導入のポイント

アプリケーションサーバに富士通の「Interstage Application Server」を採用

2010年2月、大和証券は複数のベンダーから提案を募り、比較検討の結果、富士通を選んだ。
小貫氏はその理由を「東京証券取引所の売買システムに代表される社会インフラ構築・運用の実績に裏打ちされた技術と、豊富なノウハウを持つ優れた人材の存在が大きいですね。Linuxの多くの経験や知識なども後押しとなりました」と話す。

採用した富士通のアプリケーションサーバ「Interstage Application Server」について、大和証券株式会社 システム企画部 基盤システム課 上席課長代理 宮田 宗太 氏は「富士通Javaは標準Javaと完全互換のJavaアプリケーション実行環境を提供可能であることに加え、独自の機能強化によって高い性能・信頼性を備えています」と語る。
標準Javaと完全互換の環境では、ポータビリティに優れたJavaアプリケーションの開発が可能になる。
さらに宮田氏は「富士通Javaは、自社開発ゆえにトラブル時のサポートが安心できますね」と続ける。

大和証券株式会社 システム企画部 基盤システム課 上席課長代理 宮田 宗太氏の写真
宮田 宗太
大和証券株式会社
システム企画部 基盤システム課 上席課長代理

システム概要

Javaを熟知したサポートによりスムーズな移行作業を実現

株式会社大和総研 第一システム本部 フロントシステム開発第一部 次長 泉 仁史氏の写真
泉 仁史
株式会社大和総研
第一システム本部 フロントシステム開発第一部 次長

インフラ刷新に伴い、JavaをJ2SE 1.4からJava SE 6へバージョンアップ。
新たな環境で既存のJavaアプリケーションを稼働させるべく、改修作業を進めた。

Javaアプリケーション改修・移行の実務を担当した株式会社大和総研 第一システム本部 フロントシステム開発第一部 次長 泉 仁史 氏は「富士通のエンジニアからは、さまざまな角度からサポートしてもらえました。たとえば、同じ命令文だが、バージョンアップによって振る舞いが変わった点など、Javaの深い部分までアドバイスがあり、大変助かりましたね」と満足げに語る。

また、開発期間をより短縮するため、約100人体制でオフショア開発を実施した。「今回、富士通のJavaのノウハウを基にオフショア向けアプリケーション移行ガイドを作成しました。オフショア作業の標準化・効率化を図ることで、開発期間を短縮できました」と泉氏は振り返る。

【移行概要図】

導入効果と今後の展開

改修率1割以下で安全に移行 高い安定性と拡張性も確保

改修作業からテスト、移行準備を経て、2011年10月よりJavaアプリケーションの段階的な移行に着手した。

「Interstage Application Serverの互換性保証によって、既存のアプリケーション資産の多くを継続利用できたおかげで、改修率は1割以下で済みました。新たな環境へのJavaアプリケーションの移行は段階的に行い、移行途中で新たなサービスの追加もありましたが、大きなトラブルもなく完了できました」(泉氏)

さらには、Interstage Application Serverの安心機構による障害の影響極小化、自動リカバリーによる業務継続性向上などで得られた効果を、「私たちが必要とする高い信頼性の実現に大きく寄与しました」と小貫氏は言う。

あわせて、アクセス数に応じてロードシェア構成を柔軟に追加できる同製品を「拡張性の確保とともに、高トランザクションに対応する安定性の実現につながりました」と宮田氏は評価する。

今回の刷新により、自社の求めるインフラを整備した大和証券。「今後は新たなサービス投入など、アプリケーションのレイヤーにも注力します。社会インフラとしての責任を果たすとともに、DOTシステムの顧客ロイヤリティをより高めるべく、サービス品質のさらなる向上に努めていきます」と力強く語る山田氏。富士通の支援のもと、DOTシステムのさらなる飛躍が期待される。

大和証券株式会社ご担当者様と富士通SEの写真
大和証券株式会社ご担当者様と富士通SE

【大和証券株式会社様 会社概要】
社名 大和証券株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 グラントウキョウノースタワー
預り資産 約38.9兆円(2012年9月末現在)
代表取締役社長 日比野 隆司
従業員数 約14,300名(2012年9月末現在、大和証券グループ全体)
事業概要 大和証券グループは、1902年創業の日本を代表する独立系総合証券グループ。グローバルなネットワークにより、世界中の顧客に対し資産形成や企業活動の支援といった金融サービスを提供し、社会及び経済の発展に貢献している。主要な事業は、エクイティ、債券、投資信託、デリバティブおよびその他金融商品の開発・提供、エクイティ・債券等の引受業務、M&Aをはじめとするアドバイザリー業務に加え、アセットマネジメント業務や投資業務、システム関連業務である。また、2011年には銀行業に参入。2012年4月には、個人向け証券業務を行う「大和証券」と法人向け証券業務を行う「大和証券キャピタル・マーケッツ」を統合している。大和証券グループの営業拠点は、日本をはじめ、米国、欧州、およびアジア・オセアニア地域に広がっている。
大和証券株式会社様 会社ロゴマーク
ホームページ 大和証券株式会社 ホームページOpen a new window

他の導入事例

この事例を見た方にお勧めするページ

【ご紹介した製品】

【導入事例(PDF版)】

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)