エンタープライズ向けNoSQLデータベースMarkLogic

MarkLogic(マークロジック)は、サイロからのデータ統合に対応した世界最高のデータベースで、エンタープライズ向けに開発された唯一のNoSQLソリューションです。200種類以上のマルチデータの蓄積と、タイムリーに活用するための豊富なAPIで、柔軟なデータ統合を実現できます。また、エンタープライズ利用に適した強固なセキュリティ機能を備えたNoSQLデータベースです。

特長

柔軟なデータ統合

MarkLogicは、XML、JSON、CSVに加え、オフィス文書、画像、PDFなど200形式以上のデータ形式に対応しているため、データ形式を意識することなく、既存システムのデータやオープンデータ等、企業内外のデータを集約できます。また、MarkLogicは豊富なAPI(全文検索、仮想Viewへのマッピング等)がビルトインされているため、様々な観点でのデータ抽出が行えます。そのため、従来のRDBのような複雑なテーブル設計をせずに、柔軟なデータ統合、活用が実現できます。

コモンクライテリア認証を受けた唯一のNoSQLデータベース

MarkLogicはセキュリティの国際基準である「コモンクライテリア」の認証を受けており、強固なセキュリティを持っていることを認められています。具体的には、以下のような機能を持っているため、セキュリティポリシーの厳しいシステムでの運用にも適しています。

  • ロールベースのアクセス制御による、ユーザー毎の権限管理
  • JSONやXMLの要素レベルでのアクセス制御機能
  • 高度な暗号化機能による未許可のアクセス防止機能
  • データベースに対して行った全ての操作をログに記録

直接的には見えない関係を探索するセマンティック

セマンティックとは異なるデータに意味を与え、関係性を持ったリンクを作るフレームワークです。この機能を利用すると、コンピューターがデータの関係性を理解できるようになります。例えば、「Aさんが東京に住んでいる」というデータと、「東京は関東地方に含まれている」というデータから、「Aさんは関東地方に住んでいる」という直接的には見えない関係を導くことができます。

機能

柔軟なデータモデル

MarkLogicは、JSON、XML、RDF、位置情報データ、大規模バイナリー(PDF、画像、動画など)をそのまま格納でき、後から簡単に変更することもできる、柔軟性に優れたマルチモデルデータベースです。

ビルトイン検索

MarkLogicはコア部分に検索エンジンが組み込まれたデータベースです。また、全ての問い合わせに有効なユニバーサルインデックスがデータロード時に付けられます。そのため、ロード後のデータに対して即座にクエリを実行することができます。

アドバンスセキュリティ

MarkLogicはエンタープライズレベルのセキュリティが標準搭載されておりますが、外部キーマネジメントシステム、リダクション、コンパートメントセキュリティ等の高度な機能もオプションで提供しており、必要なセキュリティに合わせてアドバンスセキュリティ機能を選択できます。

セマンティック

セマンティックは異なるデータに意味を与え、関係性を持ったリンクを作る一般的なフレームワークです。これにより、データの意味を深く理解したり、横断的に検索したり、人だけでなくコンピューターがデータの意味を理解し、見出すことができるようになります。

スケーラビリティと弾力的な拡張

MarkLogicは、一般的なハードウェアを用いてスケールアウトすることで、数百ノードのクラスタを構成でき、数ペタバイトのデータまで対応できる拡張性に優れたNoSQLデータベースです。需要の低下時には、運用を止めることなくスケールインもできるため、膨大な費用をかけずに大量データを処理することができます。

製品体系

以下のMarkLogic製品を取り扱っています。オプション製品については、当社担当営業または下記「お問い合わせ窓口」までお問い合わせください。

MarkLogic Essential Enterprise MarkLogicのライセンス製品です

MarkLogicの製品情報は、マークロジック株式会社のウェブサイトをご覧ください。

動作環境

詳細な動作環境については、当社担当営業または下記「お問い合わせ窓口」までお問い合わせください。

MarkLogic Essential Enterprise Windows(x64)
Linux(Intel64)

価格

本製品は、システム構成に応じたお見積もりが必要です。お客様の業務に最適なシステム構成をご案内しますので、お気軽にご相談ください。

関連製品

サービス&サポート

製品のサポート

ソフトウェアを安心してご利用いただくために、保守・運用支援サービス「SupportDesk Standard ソフトウェア関連」をご用意しています。

MarkLogic に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
MarkLogic Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ