小規模構成から高性能・高集約による大規模構成まで定型業務の自動化が実現可能なサーバ型ロボティック・プロセス・オートメーション ソフトウェアKofax RPA

「Kofax RPA(注1)」は、事務作業者が手動でおこなっていた様々な定型業務を自動化しサーバ上に効率よく集約、高速で複数のロボットを同時に実行できるサーバ型ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソフトウェアです。Kofax RPAでは、Design Studioと呼ばれる開発環境上でロボットに実行させるシナリオを作成・デバッグし、作成したシナリオをサーバ上に配備することで、作成したシナリオをロボットに実行させることができます。セキュリティ機構を備えたサーバ上で業務全体を自動化できるため、第三者がロボットの処理内容に手を加えるといった不正を防ぐことができ、また、複数のロボットを高速に同時実行できるという特長があります。また、外部システムからロボットを実行可能にする統合API(Java、.NET、SOAP、REST)を提供しています。この統合APIにより、人手を介さないシステム間連携を可能にします。

  • 注1
    本製品はKapowから名称変更したものです。

機能・動作環境

Kofax RPAの製品情報は、Kofax Inc.のウェブサイトをご覧ください。

価格

本製品は、システム構成に応じたお見積もりが必要です。お客様の業務に最適なシステム構成をご案内しますので、お気軽にご相談ください。

サービス&サポート

製品のサービス

お客様の環境に最適なシステムのご提案と無駄のないシステム構築、さらに高品質なシステム稼働のための「ソフトウェアサービス」を提供しています。実機を用いて実践的なトレーニングやプロフェッショナルによる設計、構築支援サービスにより、お客様自身での業務改善の早期立ち上げや高品質なロボット開発を行うことができます。

サービスメニュー サービス概要
ソフトウェアテクニカルデスク

お客様にてKofax RPAを導入する際に生じた疑問点や課題について、以下のような技術支援を実施します。(PoC、システム導入、ロボット開発など)

  • オンサイトミーティング:お客様のご要望に合わせたミーティングを実施します。実施回数の設定が可能です。
  • E-mailによるQ&A:ロボット開発における疑問点にお答えしたり、問題点に対する切り分けや原因調査を実施します。
ソフトウェアトレーニング(オーダーメイド) Kofax RPA製品を使って簡単なロボットを開発できるようになること目標とし、ロボット開発基礎の講義および、実践的な演習課題を用いたロボット開発の実機演習を行います。トレーニングは実機を使用した集合教育となっており、開催場所もお客様のご希望に沿ってお客様先もしくは富士通をお選びいただけます。詳細は、「トレーニング」のページをご覧ください。
試行評価(PoC)支援 お客様要件に合わせてKofax RPAの実行環境をカスタマイズしてお客様環境上に構築。効果測定を行い、結果をお客様にご報告します。
ソフトウェア環境設計支援

お客様のKofax RPA導入時の業務範囲や設計方法を支援します。

  • Kofax RPA業務範囲の決定
  • 業務フローの自動化について精査、提案
  • 業務フローの自動化について分析、設計支援
ソフトウェア環境構築支援

お客様のKofax RPA環境構築を支援します。

  • サーバにKofax RPA製品をインストール
  • 環境構築
  • 業務構築(自動化操作開発、操作マニュアル、テスト)

製品のサポート

ソフトウェアを安心してご利用いただくために、保守・運用支援サービス「SupportDesk Standard ソフトウェア関連」をご用意しています。

Kofax RPA に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Kofax RPA Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ