GTM-MML4VXJ
Skip to main content

CA IdentityMinder™
機能

機能説明

プロビジョニング

各システムへのアクセスに必要となるユーザIDの作成/各種権限の付与業務を、迅速に一貫性のある方式で提供します。これにより、組織のセキュリティレベルの維持と効率化を提供します。

  • 自動化されたビジネスプロセス
    アカウントの管理業務に関連する各種タスク(承認/作成/変更/削除)の自動化により、ユーザのアカウントライフサイクル管理を統合的にサポートします。
  • 詳細な権限管理
    プロビジョニングやワークフロープロセスにおいて、一般的なユーザID作成レベルからアプリケーション単位での詳細な権限設定まで多様な設定をサポートします。
  • Bulk Loader
    組織変更などにおける多数のユーザに対する操作を、一括で自動実行することが可能です。
  • 統合ワークフロー
    承認プロセスの定義、例外処理発生時の通知等、組織毎に異なるルールに柔軟に対応するためのワークフローを提供します。
    【統合ワークフロー】
    統合ワークフロー
  • スケジューリング機能
    CA IdentityMinderの各ユーザ管理タスクに対して、実行を自動化することが可能です。

ユーザセルフサービス

ユーザがパスワード忘れ等の問題を自己解決するために、ブラウザベースで簡単に操作できるセルフサービスシステムを提供します。これにより、ヘルプデスクのコスト削減が期待できます。

ユーザセルフサービス

  • パスワードリセット
    ユーザは本人を証明するための確認プロセスを利用して、新しいパスワードを自動的に入手することができます。
  • アクセスリクエスト
    ユーザはCA IdentityMinderのWebインターフェースまたは独自のポータルサイト経由で新規IDのリクエストを行うことができます。
  • セルフアドミニストレーション
    ユーザ自身の操作によりパスワードや各種プロファイル情報を含むユーザ情報を管理できます。

ユーザ集中管理と各種インターフェース

アプリケーションやシステム毎に存在するID情報を一元的に管理し、ユーザ情報の管理や各種ID管理タスクのためのインターフェースを提供します。また、各組織やユーザが必要とする一連のID管理機能を標準で提供し、簡単にカスタマイズも可能です。

  • ポリシーの集中管理
    管理者は、権限の分掌、ID情報の同期、パスワードポリシーの設定等を集中管理することができます。
  • 管理権限の委譲に基づくアクション
    組織内外を問わず、適切なユーザやグループに対して、ユーザ管理のタスクを委譲することが可能です。
  • カスタマイズ用インターフェース
    CA IdentityMinderのすべてのユーザ管理タスクをWebサービスとして利用できるため、既存のアプリケーションやWebシステムなどと連携することが可能です。
  • 不正アカウントの検知およびコントロール
    管理対象システムにおいて不正に追加、変更、削除が行われたアカウントを検知し、正規のセキュリティポリシーに則った是正処置が可能です。

インテグレーション

本商品は、管理対象システムへの多様なインテグレーション方法を提供することによって、短期間でのシステム導入と柔軟な実装を実現します。このインテグレーション方式により、複数のシステムのIDを統合管理することができます。

  • プロビジョニングコネクタ
    メインフレームからWebアプリケーションに至るまでの各種コネクタを、幅広く標準で提供します。
  • コネクタ作成ツール
    LDAPやRDBMS等、組織独自のアプリケーションとの接続の為に、CA IdentityMinderは専用のユーティリティを提供します。ウィザード方式のGUIに従って接続/マッピングの設定をすることにより、プログラミングレスでコネクタ作成が可能になります。
    コネクタ作成ツール
  • Salesforce.com対応
    Salesforce.com用のコネクタを提供します。
  • Google Apps対応
    Google Appsスイート(Gmail, Calender, Google Docs 等)へのコネクタを提供します。
  • Microsoft Office 365対応
    Microsoft Office 365用のコネクタを提供します。
  • オープンインターフェース
    前述のWebサービスによる機能の提供の他、SPMLへの準拠によりID管理業務と他のITシステムとのインテグレーションが可能です。

監査とレポーティング

IDに関連する各種リスクの可視化と、組織におけるコンプライアンスへの取り組みを支援するために、監査およびレポーティング機能を提供します。

監査とレポーティング

  • 高度なレポーティングツール
    製品に標準で搭載されたBusiness Objects XIのレポーティングエンジンを利用して、組織が必要とする各種レポートを柔軟に作成することが可能です。
  • 各種イベントの監査
    監査機能により、監査に必要とされるID管理作業のトレースを行うことが可能です。これにより誰がどのID管理タスクを実行したのか等の調査を支援します。
  • 権限ベースのレポート
    ユーザの権限一覧をレポーティングすることにより、誰がどのID管理タスクを行えるかを確認することができます。これにより、管理者は必要に応じて是正措置を取ることが可能です。

機能一覧表

機能対応一覧表
機能
プロビジョニング 自動化されたビジネスプロセス
詳細な権限管理
Bulk Loader
統合ワークフロー
スケジューリング機能
ユーザセルフサービス パスワードリセット
アクセスリクエスト
セルフアドミニストレーション
ユーザ集中管理と各種インターフェース ポリシーの集中管理
管理権限の委譲に基づくアクション
カスタマイズ用インターフェース
不正アカウントの検知およびコントロール
インテグレーション プロビジョニングコネクタ
コネクタ作成ツール
Salesforce.com対応
Google Apps対応
Microsoft Office 365対応
オープンインターフェース
監査とレポーティング 高度なレポーティングツール
各種イベントの監査
権限ベースのレポート

製品体系

製品別 機能概要 / 対応OS一覧表
製品名 機能概要 対応OS
CA IdentityMinder™ r12.6 SP4 複数のICTシステム上に存在するID情報の管理の統合と、ID管理の自動化を行うための機能を提供 Windows
Solaris
Linux

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)