GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Arcserve®
コンセプト

企業のITシステムを保護するArcserveシリーズ

Arcserveシリーズは、企業の情報システムにおいて重要なデータを保護(バックアップ)するソフトウェアです。
今や企業にとって災害や障害時によるデータ損失を防止するための施策は、事業を継続する上で必要不可欠となっています。また、昨今の様々な法規制を遵守するためにも、企業データ保護に対する重要性はますます高まっています。
Arcserveシリーズは、企業の運用形態に柔軟に対応するために多くのラインナップを用意し、手間やコストをかけることなく大切なデータを保護します。

Arcserveシリーズ各製品の位置づけ

Arcserve各製品の位置づけ

バックアップ製品

 Arcserve UDP 7.0
  • 手軽さ簡単さを追求したバックアップ製品
  • WindowsもLinuxもハードディスクへ丸ごとイメージバックアップ
  • 単一サーバから、複雑な環境まで、災害対策を含めた幅広いバックアップニーズに対応
 Arcserve Backup 18.0 for Windows
  • Arcserveシリーズの中核製品
  • 豊富なオプション製品と組み合わせてさまざまな環境、ハードウェア、ソフトウェアに対応
  • 高度な管理機能

レプリケーション製品

 Arcserve Replication 18.0 for Windows
  • 更新データをほぼリアルタイムに自動複製
  • 障害時は複製先のデータへすぐにアクセス可能
  • 遠隔地へのデータ複製にも対応
 

富士通のArcserve製品への取り組み

富士通は、日本国内でArcserve製品を販売している最大のOEMです。10年以上の長きにわたって製品の開発元であるArcserve社と強固な協力関係を築き、常に連携して評価・プロモーション・サポートを実施しています。

富士通品質起点での製品評価

ベータ版の段階からArcserve製品の評価に参加し、富士通のお客様に安心してご利用いただける、高品質な製品を提供できるよう努力を続けています。
また、富士通のハードウェア(サーバ・ストレージ等のI/O装置)と接続検証を行い、その結果・ノウハウを元にドキュメントを作成・公開し、富士通のお客様へ安心して提案できるバックアップソリューションを提供しています。

フィールドのニーズを製品へ反映

富士通のお客様のニーズに合った製品を提供できるよう、フィールドからの要望をArcserve社に伝え、実現をお願いしています。
一例として、『RAWバックアップ機能』は富士通からの要望により実現された機能です。

仮想化環境への取り組み

最近、増加している仮想化環境への対応についても、Arcserve社と連携して取り組んでいます。
FUJITSU Server PRIMERGY上でのVMware vSphere、Microsoft Hyper-V環境のサポートや、FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX HCI環境のサポートなど、仮想化環境で必要となる要件を実現しています。

SupportDeskによる有償サポート

SupportDeskによる有償サポートでは、お客様環境で発生したトラブルに対して、富士通のハードウェア・ソフトウェア両面からの調査だけでなく、Arcserve社との連携・協力体制で早期解決をめざしています。
更に富士通では、Arcserve社のサポートが終了してから1年間、事例検索と既存修正の提供による延長サポートを独自に行っています。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)