GTM-MML4VXJ
Skip to main content

デジタルビジネスを支えるAPI化を加速するAPI管理プラットフォーム
Apigee Edge

デジタルビジネスにおいて、アプリケーションやサービスをつなぐ手段としてAPIが重要な役割を果たしています。様々な企業が公開するAPIが連携することで形成されるAPIのエコシステムを通じて、新しい価値の創造やビジネスの創出に繋がる例が出てきています。
Apigee Edge(アピジーエッジ)は、企業のサービスやシステムのAPI公開を支援する統合APIプラットフォーム製品です。 API設計、保護、デプロイ、分析等の、APIの開発から公開までのライフサイクルを管理します。
Apigee Edgeを活用することで、企業は、複数の部門で統一した仕様のAPIを、安全に短期間で公開することができます。

特長

API Services

APIの公開に求められるセキュリティ(認証・認可)、トラフィック制御、データフォーマット変換、キャッシュ等の機能をコーディングレスでAPIに付与でき、ビジネスの変化や要望に応じた変更も容易にできます。

Analytics Services

公開したAPIの利用状況を確認できるレポートによって、APIを提供する企業はマーケティングや投資のインプットとして活用できます。製品標準のレポートに加えて、API提供者独自の観点で、カスタムレポートを作成することも可能です。

Developer Services

アプリケーション開発者が、APIの利用申請、仕様確認、テストをワンストップで行うことができるセルフサービスポータルを提供し、アプリケーション開発者によるAPIの利用を容易にします。API提供者は本ポータルの体裁の変更や自社ブランディング等のカスタマイズが可能です。

豊富な導入実績

本商品の提供元であるGoogle社はクラウドとオンプレミスの両方で多くの導入実績を持ち、API管理分野でのリーダーとしてアナリストからも高い評価を得ています。

柔軟なアーキテクチャと信頼性

マルチテナントに対応しており、1つの環境を複数部門で安全に共有できます。また、Apigee Edgeを構成する各コンポーネントは分散配置可能なため、お客様の要件に合わせた柔軟な構成を組むことができ、API利用量に応じたスケールアウトも容易に実現できます。

動作環境

動作環境については、提供元ベンダーのページ(下記URL)をご覧下さい。

価格

価格の詳細については「本製品のお問い合わせ」または当社担当営業までお問い合わせください。

資料

Apigee Edgeに関連する資料を提供しています。
Apigee Edgeは複数のオープンソースソフトウェアを含んでいます(下記の「Apigee Edgeに含まれるオープンソースソフトウェア一覧」参照)。各オープンソースソフトウェアのライセンスの内容については、各ライセンスのウェブページにてご確認下さい。

Apigee Edgeに関連する資料の一覧表
分類 資料名 ファイル情報 掲載日
資料 Apigee Edgeご紹介資料 (3.44 MB ) 38ページ 2019年5月7日
資料 Apigee Edgeに含まれるオープンソースソフトウェア一覧 (334 KB) 1ページ 2019年5月7日

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)