情報利活用を支えるDWH専用データベースFUJITSU Software Symfoware Analytics Server
機能 - 効率的な運用 -

Symfoware Analytics Serverは、基幹システムなどから大量のデータを収集・蓄積し、蓄積した大量データを自由に抽出・加工できるため、現場視点での情報活用を実現します。

効率的な運用

スマートチューニング

当社のスマートソフトウェアテクノロジーに基づく「スマートチューニング」により、ハードウェアのリソースを自動認識し最適なメモリー割り当てを行うため、チューニングをすることなくその時点の最高性能を維持します。導入直後から最高性能を発揮するだけでなく、性能を維持するための作業が不要なため、性能を維持するためのチューニング作業など煩わしい作業から解放されます。

簡易化されたバックアップ・リストア

カラムナテーブルの構成からデータ加工定義までを一括してバックアップできます。システムが異常な状態になった場合でも、一括してリストアを行うことができます。カラムナテーブルのデータを再ロードするだけで、業務を再開することができます。

カラムナテーブル分割

オプション製品のSymfoware Analytics Server Partitioning Optionと組み合わせることで、データウェアハウス内のカラムナテーブルを論理的に分割(パーティショニング)できます。パーティション単位での追加・削除やバックアップ・リストアが行えるため、より細かい単位でデータを管理することができ、作業時間の短縮につながります。また、データ変更の無いパーティションは「読み取り専用」に設定できるため、誤ってデータを書き換えてしまうといったヒューマンエラーの削減に繋がります。むろん、ユーザーはカラムナテーブルの分割を意識することなくデータを扱うことができます。

カラムナテーブル分割

スケールアウト

オプション製品のSymfoware Analytics Server Scale Out Optionと組み合わせることで、DWHサーバーをマルチサーバー構成にすることができるため、複数のサーバーで分散処理を行うことができ、大量データの高速処理を実現します。基幹システムやクライアントを意識することなくリソース不足になったときにサーバーの増減を行えます。

スケールアウト

オープンインターフェイス

特定のベンダーに依存しないオープンソースデータベースであるPostgreSQLに搭載されているSQLインターフェイスとの高い互換性を実現しています。これにより従来のBIツールやTableau、QlikViewなどのビジュアライゼーションツールをはじめとした数百種類のツールやアプリケーションパッケージを利用できます。お客様が使い慣れた分析ツールをそのまま利用できるので、導入後すぐに使うことができます。

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

Symfoware に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Symfoware Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ