FUJITSU Software Enterprise Postgres
機能

Enterprise Postgresは、オープンソースソフトウェア(OSS)のPostgreSQLをベースに富士通が培ってきたデータベース技術で「セキュリティ」「性能」「信頼性」を強化しています。
よく使われる周辺ツールを一括で提供しているため、PostgreSQLをスピーディーに導入できます。

機能説明

セキュリティ

アプリケーションを修正することなく暗号化が可能 -透過的データ暗号化-

格納データ、バックアップデータを、アプリケーションを修正することなく透過的に暗号化できます。
暗号化レベルはクレジットカード業界のセキュリティ標準であるPCI DSSに対応し、情報漏えいを防ぐ強固なセキュリティを実現しています。また、暗号化をCPUで処理させるAES-NIに対応することで、オーバーヘッドを極小化しています。

専用のファイルに監査ログを出力、不正アクセスをすばやく検出 -監査ログ-

Enterprise Postgresの監査ログ機能は、OSSツールのpgauditをベースに機能を強化し、データベースアクセスに関する詳細な情報を監査ログとして取得します。管理者や利用者のデータベースに対する処理操作を監査ログに出力することにより、管理者の権限乱用や利用者の不正アクセスなどを検出できます。

性能

性能に関する機能はEnterprise Postgres Advanced Editionのみ提供しています。

大量データもリアルタイムに集計 -インメモリ機能-

カラム型のインデックスとデータのメモリレジデント機能によるインメモリ機能を提供しています。
これにより、ディスクI/Oを削減して集計処理を高速化できます。

  • カラム型のインデックス(VCI)

    従来のロー(行)型データに加え、大量データの集計・分析処理に有用なカラム(列)型データを追加しています。
    カラム型データはインデックスとして提供し、ロー型データとカラム型データのどちらにアクセスするかは自動で判別するため、アプリケーション側で意識する必要はありません。

  • データのメモリレジデント機能

    カラム型データはカラム型データ専用の共用バッファに配置し、他の表やインデックスへのアクセスへの影響を防ぎ、メモリに常駐させることでディスクI/Oを削減しています。
    また、インスタンス再起動時など、アプリケーションが検索する前にVCIのデータをディスクからメモリにロードすることで、安定したレスポンスを保証します。

バッチ処理に要する時間を大幅短縮 -並列検索-

Enterprise Postgresの並列検索は、処理件数の多い検索処理を、CPU負荷に応じて複数のCPUコアに分散させて並列に処理することで検索処理の性能向上を実現します。
従来のアプリケーションをそのまま実行するだけで空きのサーバリソースを最大限に活用でき、定期集計などの夜間バッチ処理を効率化します。

並列検索では、まず処理を細分化し、CPU負荷に応じて並列化したバックグラウンドワーカプロセスに割り当てます。
次にバックグラウンドワーカプロセスごとに検索結果を用いて集計処理を行い、バックエンドプロセスで取りまとめ、アプリケーションに結果を返却します。
CPU負荷が低い場合にはより多くのプロセスで処理しますが、CPU負荷が高い場合には、冗長な並列化を行いません。
このような自動的な判断によって、CPUの効率的な使用と検索処理の性能向上を実現しています。

信頼性

最新データまで復旧するメディアリカバリー -WAL二重化-

Enterprise Postgresでは、バックアップ実行後の更新ログをデータ格納先のディスクとバックアップ格納先のディスクに二重化して保持しています。
このため、一方のディスクに障害が発生した場合、もう一方のデータを使用してデータベースを最新状態に復旧することができます。

万一のトラブル時も確実に業務を継続 -データベース二重化-

PostgreSQLのストリーミングレプリケーション機能に基づいてデータベースを二重化するだけでなく、プライマリサーバとスタンバイサーバが相互監視することで、プロセスダウン、ディスクなどの障害を検知し、プライマリサーバで異常が発生した場合は自動的にスタンバイサーバに切り替えて業務を継続できます。
また、ネットワーク異常などにより相互監視が出来ない場合も、裁定サーバ(注1)経由で死活監視を行うことで確実に業務を継続します。

  • 注1
    裁定サーバにはデータベースサーバを支援するサーバアシスタントプログラムのインストールが必要です。

運用性

WebAdmin

データベースの導入から運用管理を行うためのGUIツールとして、WebAdminを提供しています。
これにより、データベースを簡単、かつ直感的に利用することができます。
WebAdminでは、Enterprise Postgresのセットアップ、ストリーミングレプリケーションクラスタの作成と監視、データベースのバックアップおよびリカバリーを行うことができます。

アプリケーションインターフェース

PostgreSQLは、libpqとECPGの2つが基本配布物として提供されます。
Enterprise Postgresはこの2つに加え、よく使われるインターフェースを一括で提供しています。
また検証済みの状態で提供するため、導入時の作業を低減できます。

名称 言語 説明 提供形態(注2
libpq C Cライブラリ PostgreSQLに付属
ECPG C 埋め込みSQL用Cプリプロセッサ PostgreSQLに付属
ECOBPG COBOL 埋め込みSQL用COBOLプリプロセッサ 提供なし(Enterprise Postgresで提供)
psqlODBC ODBC ODBCドライバ 外部プロジェクトで提供
Npgsql .NET .NETデータプロバイダ 外部プロジェクトで提供
JDBC JDBC タイプ4 JDBCドライバ 外部プロジェクトで提供
  • 注2
    コミュニティ版PostgreSQLの提供形態になります。

各国語言語のサポート(NCHAR)

メインフレームや他社製データベースからの移行性を確保するため、各国語文字列をサポートするデータ型(NCHAR)を提供しています。
各国語文字列は、クライアントアプリケーションの各言語から利用できます。

機能一覧表

表中記号の意味は以下のとおりです。
レ:機能有り、N/A:機能無し

機能分類 機能 Advanced Edition Standard Edition Community Edition
導入 WebAdmin N/A
スマートセットアップ™ N/A
セキュリティ 透過的データ暗号化 N/A
監査ログ N/A N/A
秘匿化 N/A
高性能 並列検索
注3

注3
インメモリ機能 N/A N/A
高速ローダー N/A N/A
高信頼 データ保護 バックアップ&リストア(スマートリカバリー™) N/A
高速バックアップ(注4 N/A N/A
WAL二重化 N/A
業務継続 データベース二重化 N/A
災害対策
注3
アプリケーションインターフェース Java連携
ODBC連携
.NET Framework連携
埋め込みSQL連携(C言語)
埋め込みSQL連携(COBOL言語) N/A
周辺OSS SQL機能拡張 orafce N/A
高可用 Pgpool-II(注4 N/A
データ連携 oracle_fdw N/A
運用管理 pg_statsinfo(注4 N/A
pgBadger(注4 N/A
pg_dbms_stats / pg_hint_plan N/A
pg_repack(注4 N/A
pg_rman(注4 N/A
pgAdmin(注5 N/A
全文検索 pg_bigm N/A
  • 注3
    Enterprise Postgresによる強化機能を含みます。
  • 注4
    動作OSはLinuxのみです。
  • 注5
    動作OSはWindowsのみです。

製品体系

Enterprise Postgres Advanced Edition Standard Editionの機能に加え、大量データの高速化機能を強化した、エンタープライズ向けのエディション
Enterprise Postgres Standard Edition OSSのPostgreSQLをベースに、セキュリティ、運用の簡易化、長期サポートといった安心してすぐに使える機能を装備した標準的なエディション
Enterprise Postgres Community Edition OSSのPostgreSQLに富士通のサポートを提供する最小構成のエディション

Enterprise Postgres に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Enterprise Postgres Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ