パフォーマンス分析、キャパシティ管理ソフトウェアFUJITSU Software Systemwalker Service Quality Coordinator
特長

Systemwalker Service Quality Coordinatorは、業務サービスの品質から仮想リソースの利用状況まで様々な角度で可視化・分析できることが特長です。

業務サービス品質の可視化

ICTシステムがエンドユーザーに提供しているサービスを計測しリアルタイムに可視化したり、リソースを計測して可視化します。

  • 業務のサービス品質(処理量、可用性、レスポンスタイムなど)
  • 業務サービスを構成する各サーバのリソース(CPU、メモリ、ディスクなど)の状況
  • 仮想サーバのリソース(VMware、Hyper-V、KVM(Linux仮想マシン機能)、cgroup、Oracle VM Server for 86、Oracle Solaris ゾーン、Oracle VM Server for SPARCなど)の状況
  • ミドルウェア(Interstage Application Server、Oracle WebLogic Server、SAP NetWeaver、Symfoware Server、Oracle Database Serverなど)やクラウド(OpenStack)の稼働状況

また、Agentをインストールせずに、リモートでサーバおよび仮想サーバの性能情報を収集・蓄積・分析する機能を提供します。これにより、ICTシステムの状況を確実に把握できます。

業務サービスの品質維持を支援

業務サービス品質や各種のリソース状況にしきい値を設定することで、しきい値超えを監視します。また、問題の発生箇所の状況をより詳細に確認することができる詳細表示や、問題発生箇所を軸として多角的な分析を行うことができるパフォーマンス分析機能により、ボトルネックを分析し、業務サービス品質を維持します。トラブル調査に必要な情報は、標準で提供されているテンプレートによって自動的に選択され収集が開始されますので、特別なスキルがなくても問題なくご利用頂けます。なお、VMwareの場合は、当社のノウハウに基づくチューニングガイダンスが品質維持を支援します。

分析と予測に基づく投資の最適化を支援

サービス品質とリソースの相関関係の分析や、リソースの将来的な傾向を予測する回帰分析、過去と現在のデータ推移の傾向分析により、将来のICTシステムの性能を予測することができます。これらの分析により、リソース配分の最適化などができるようになり、将来的なコスト削減に結びつきます。また、仮想化 / クラウド環境の利用者、提供者双方のためのシミュレーション機能は、サイジング時間の短縮を実現します。キャパシティプランニングやICT投資判断を的確に行うことができ、最大限のROI効果が図れます。

  • スケールアウトシミュレーションは、サーバの増設によるレスポンスタイムの変化を予想し、ウェブサーバ / アプリケーションサーバ / データベースサーバの適切な階層の強化のための判断材料を提供します。
  • 物理サーバおよび仮想マシン(VMwareおよびOracle VM Server for SPARCの場合)は、シミュレーションにより、集約・再配置後のリソース使用状況を予測することができ、サーバ数の適正化を支援します。実際のサーバの利用状況と集約後のサーバのスペックを元にシミュレーションするため、これまでのように試行錯誤を繰り返す必要はありません。集約・再配置の候補となるサーバは、レポートによりリソース使用状況を把握することができます。

なお、各レポートで表示される予測やシミュレーション結果は、過去の実績から富士通独自の方法で計算したものです。お客様のコンピュータ環境における目安となるものであり、実際の環境において動作を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

ServerView Resource Orchestratorと連携した仮想化 / クラウド環境のキャパシティ管理運用の自動化

ServerView Resource Orchestrator Cloud Edition V3.1.0以降と連携することで、ServerView Resource OrchestratorのテナントおよびL-Platformを構成するL-Serverの性能情報を、ServerView Resource Orchestratorのユーザーのロールに応じて管理することができます。また、テナントごとの利用状況や診断のレポートは、定期的に自動出力できます。

ウェブ利用状況管理(利用状況分析・改ざん検知)

システム管理者は、ウェブサイトを訪問した利用者の状況を分析することにより、現在はもちろん、近い将来のICTシステムの状態や需要の変化を予測し、事前に適切な対応を行えます。公開コンテンツは定期的に検査されるため、改ざんをいち早く検知し、管理者に通知します。

簡単な導入と保守

富士通推奨の収集項目をテンプレートの形で提供し、システムに最適なポリシーを自動的に作成し適用しますので導入が簡単です。また、システム運用開始後も、導入時に設定されたポリシーにより過去のデータは自動的に削除されますので、データ削除などの煩わしい保守が必要ありません。

導入ポイント

システムにおけるサービス品質の最適化をご検討されているお客様

システムの状況把握、性能劣化が原因でのトラブル、システムの投資判断など、性能管理を必要と感じているお客様には、性能情報を様々な角度から監視 / 分析することをお勧めします。

導入メリット

  • システム基盤上で動作しているサービスと、そのサービスを構成している個々の機器やミドルウェアの状態を一元管理することができます。
  • サービスが停止したりサービス品質が劣化した場合には、問題の発生を直ちに管理者に通知します。
  • 収集した性能情報をレポート機能を用いて分析することにより、システム増強のタイミング決定を支援します。

Systemwalker Service Quality Coordinator に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Systemwalker Service Quality Coordinator Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ