センター運用及びクラウド運用の各種作業を運用フローで自動化FUJITSU Software Systemwalker Runbook Automation
機能

Systemwalker Runbook Automationは、手順書に従い人手で進めていた運用作業を自動化し、運用作業の効率化と運用品質の向上を実現します。

機能説明

自動運用プロセスの開発環境

自動運用プロセスの作成

自動運用プロセスは、人の作業とICTシステムの操作をまとめて一連の作業手順として定義したもの(プロセス定義)と、それに付随して入力や確認作業を行うためのWebコンソールの画面を一つにまとめたもので、標準提供の運用操作部品やテンプレートを利用し、製品添付の開発環境で効率的に作成することができます。



自動運用プロセス開発画面



人の確認/判断の画面(フォーム)作成画面



自動運用プロセスのデバッグ画面

自動運用プロセスの制御と管理

Webコンソールによる自動運用プロセスの操作

運用担当者が任意のタイミングで自動運用プロセスを起動できます。また、システム監視ツールと連携することで、イベントに応じて自動運用プロセスを起動できます。さらに、事前に定義しているスケジュールに従って、自動運用プロセスを起動することもできます。

イベント起動

自動運用プロセスの管理

プロセス定義にしたがって、自動運用プロセスを自動実行します。人が行う判断や承認作業は、担当者に作業要求を促すメール通知を行い、Webコンソール上で判断・承認作業を実施することができます。ICTシステムに対する運用操作は、操作対象のOS種別やミドルウェアの種類などの属性情報を構成情報管理データベースで管理して、構成情報データベースより参照した属性情報に応じて操作方法を自動的に切り替えながら操作を逐次実行することができます。自動運用プロセスの進行状況、電子フォームとこれに添付されたドキュメント、実行履歴などをサーバで一元管理できており、いつ、誰が何を行ったかを追跡できるため、自動運用プロセスを統制できます。



Webコンソールのメインナビゲーション画面例

スケジュールの管理

スケジュール定義により定常的な運用作業の自動化を実現できます。プロセス状況の一覧画面により、当日の実行予定プロセスや実行状況をひと目で把握することができます。実行スケジュールの変更や実行抑止により、急な運用変更にも柔軟に対応できます。

作業証跡管理

いつ、だれが、何に対してどのような作業をしたのか、人の判断も含めたアクセスログや運用管理作業の作業ログを自動的に保存できます。収集されたログは、運用管理作業の証跡管理に活用できます。また、運用作業の実績や結果を簡単に集計できるため、運用作業全体を見える化し、失敗の多い作業や時間のかかる作業を見直して運用改善に役立てることができます。

高信頼システム運用

Systemwalker Runbook Automationマネージャが動作する管理サーバは、クラスタシステムを構築することで、Systemwalker Runbook Automationマネージャ自身を現用ノード・待機ノードの高信頼型で運用することが可能です。管理サーバをクラスタ構成することにより、管理サーバが動作するサーバのハードウェア故障などが発生した場合には、もう一方のサーバが管理サーバの情報を引き継ぎ、停止時間を最小にして業務を継続することができます。

Systemwalker Runbook Automation に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Systemwalker Runbook Automation Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ