システムの自動運用とジョブスケジューリングFUJITSU Software Systemwalker Operation Manager
特長 - 多彩なスケジュール ー

豊富なスケジュール条件設定

業務をさまざまなスケジュール条件で動作させることができます。

  • 起動日
    日時、週次、月次、営業日などの定型パターン、特定の日だけ運用パターンを一時変更したり、起動日が休日の場合の自動シフトなど
  • 起動契機
    時刻起動、間隔起動、サーバ起動時に起動、イベント発生時に起動、およびこれらの組み合わせ条件など

複数ジョブの待ち合わせ、分岐処理、異常終了時の自動リカバリーなどを自由に定義でき、実行順序や条件をビジュアルに確認できるため、柔軟な業務構築を効率的に行えます。

フレキシブルな運用

ジョブやジョブネットのスケジュール情報を運用日ごとに管理できます。大量のスケジュール変更が予定されている場合は、前もってスケジュールを定義しておき、変更日を契機に自動でスケジュールを入れ替えできます。頻繁にスケジュールが変更されたり、突発的に変更が必要になった場合にはマスタの定義は変えず、その日だけの定義を変えたりと、柔軟なスケジュール変更に対応できます。


ジョブネットの新規作成画面


起動日の設定画面

Systemwalker Operation Manager に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Systemwalker Operation Manager Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ