GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
Systemwalker Network Manager
特長

ネットワークの構成管理に要する運用コストを大幅に削減

  • システムを構築するルータ、スイッチ、サーバなどのネットワークの物理的な接続状態を自動的に収集しマップ上に表示します
  • 定期的なネットワーク構成情報の収集により、管理者がネットワーク構成変更を確実に把握できます。
  • VMwareの仮想ネットワークと物理ネットワークの関係についても可視化できます。

ネットワークのトラブル解決時間が大幅に短縮

  • ネットワークの実際の接続構成をトポロジマップでグラフィカルに表示しますので、機器および回線の障害状況を視覚的に把握できます。
  • ネットワークの性能監視を行うことにより、性能異常や故障の予兆を検知し、トラブル解決時間が大幅に短縮できます。
  • 目的別(地域、建物、部署、業務など)の監視ビューにより、障害発生時に影響範囲を的確に把握することができます。

ネットワークの制御が容易

  • ネットワークウイルスやパケットループによるトラフィック急増などのネットワーク全体に波及する問題を検知し、被疑セグメントを切り離すことができます。
  • 簡易な操作によりVLAN設定を行うことができます 。
  • ルータやスイッチの構成情報(コンフィグ)を、バックアップし世代管理することができます。
  • ルータやスイッチのファームウェアを、GUIから一括配付することができます。

ケーススタディ

業務の安定稼働に向けたネットワーク監視 『データセンターへの適用』

PRIMECLUSTER GLSやSTP(STP:スパニングツリー・プロトコル)による冗長化ネットワークにおいて、業務サーバや論理ネットワークだけの監視では、『ネットワーク障害が発生しても、現待切替機構で業務は継続できる』ため、ネットワークインターフェースの障害を早期に検出できず、片系で不安定な状態を長期化させ、対応遅れによる大惨事を引き起こしかねません。
高信頼・冗長ネットワークこそ、システム安定稼働を確実にするために、冗長部の稼働状況まで可視化できるネットワーク構成管理機構を備えたSystemwalker Network Managerの導入をお奨めします。

ネットワーク監視のお客様要件

信頼性向上のために現用待機構成を採用したSolarisサーバのネットワークインターフェースについて、現用側だけでなく待機側の状態も常時監視したい。

導入のポイントと効果

  • 現用系/待機系の各ネットワーク・インターフェースの状態を、物理マップ上で表示色より一目で識別
  • 待機ネットワーク・インターフェースの異常個所を早期に確認でき、両系ダウンによる業務停止を未然に防止
  • 障害発生時にメール通知による迅速な対処

事例解説

某センター様では、システムの新規構築にあたり、システムの信頼性向上のためにPRIMECLUSTER GLS(NIC切替、NIC:Network Interface Card)やSTPによる冗長化を計画しており、業務のより安定した稼働を実現するために、待機系の異常を事前に検知し、切替時の両系ダウンによる業務停止を防止する運用について検討していました。
Systemwalker Network Managerを導入し、物理マップ上の機器アイコンおよびリンク線の表示色によるネットワーク監視に活用しています。特に、PRIMECLUSTER GLSやSTPによる冗長化したネットワークインターフェースについては、現用系リンクだけで なく、待機系リンクの稼働状態の確認にも活用しています。

アウトソーシングに向けたSLA監視 『店舗ネットワークへの適用』

アウトソーシング等のサービス提供者にとってSLA(エンドユーザへのサービス品質を保証すること、SLA:サービスレベルアグリーメント)を定めることが求められるようになってきています。また、一般の企業においても、各部門に分散していたサーバをセンタに集め、データセンタとして各部門にサービスを提供する運用が一般的となってきており、サービスの基盤であるネットワークの品質はますます重要になっています。
そのため、ネットワーク安定稼働の目安となる情報を収集し、一定レベルの品質を提供できているかを監視することのできるSystemwalker Network Managerの導入をお奨めします。

SLA監視のお客様要件

本社と各店舗を繋いでいる通信回線の品質(レスポンス)をチェックしたい。

導入のポイントと効果

  • 月単位の稼働率やレスポンスを簡単にレポーティングでき、ネットワーク品質の報告資料の作成が容易
  • アクセス回線やベンダーのセンターから各店舗への通信回線レスポンスをリアルタイムに把握
  • 適切な帯域確保の判断ができ、サービス品質の低下を未然に防止

トポロジーマップによるSLA監視イメージ

警告レベルのしきい値は、一時的なネットワーク負荷増加により、“緑色→黄色→緑色”と状態変化することがありますが、その状態が頻繁に検出されたり、重要レベルしきい値“赤色”に状態変化した場合、早急に調査する必要があることがマップ上より容易に判断できます。

事例解説

某ユーザー様では、全国に複数ある店舗にネットワークを通じて情報配信を行っています。安定した情報配信を行うために、各店舗からのアクセス回線の通信品質を監視する仕組みを検討していました。Systemwalker Network Managerの導入により、物理マップ上の機器アイコンやリンク線の表示色によるネットワーク性能の状態確認を行い、しきい値設定よるSLA監視(ネットワーク性能監視)に活用しています。また、統計情報を収集し、稼働状況の集計および分析にも活用しています。

  • 性能監視
    SLA監視は、しきい値設定による柔軟な監視ができ、物理マップ上の機器アイコンおよびリンク線の表示色で容易に状態確認ができます。
  • しきい値設定
    SLA監視のためのしきい値は、「警告レベルしきい値と重要レベルしきい値」の2段階でお客様の運用に合わせて設定できます。
  • ネットワーク性能レポート
    ネットワーク性能の統計情報は、ネットワーク監視と並行して収集しているので、ネットワークの状況や傾向を簡単に把握できます。統計情報は、CSVデータとしてPC上に容易に取り出せるので、運用形態に沿った集計報告ができます。また、Systemwalker Service Quality Coordinatorと連携することにより、レポーティングも容易に行えます。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)