GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
Systemwalker Network Manager
機能

ネットワークの物理構成管理・表示

  • ネットワークの物理構成を自動的に収集しマップ上に表示します。
  • 定期的にネットワークの物理構成を収集し、ネットワーク機器の増設/移設などネットワークの構成変更に柔軟に対応できます。
  • ベンダーや機器の違いを意識しない統一的な操作でネットワークを管理できます。
  • 地域毎、建物毎、部署毎、業務毎などユーザが自由に監視ビューを定義することができます。

ネットワークの障害監視・表示

  • トラブル発生した機器および回線の状態を物理構成マップ上に表示できます。
  • 発生している障害は、物理ネットワークの障害だけでなくアプリケーション通信に関する障害も表示することができます。
  • ネットワーク上で発生した障害履歴を表示できます。また、障害履歴の内容を文字列・期間・障害レベル等のキーワードで検索することができます。
  • ネットワーク上で重大な障害が発生した場合、E-mailなどで即座に運用者に障害を通知することができます。

ネットワークの性能監視

  • 性能情報収集としきい値監視を行うことができます。
  • Systemwalker Service Quality Coordinatorと連携することで、トラブル発生時にシステムに依存する問題かネットワーク機器に依存する問題かの切り分けを容易に行うことができます。
  • 任意のMIBをユーザが指定することにより、柔軟なしきい値監視を行うことができます。

簡易な操作によるネットワーク制御

  • ネットワークウイルスやパケットループによるトラフィック急増時に、簡易な操作で被疑セグメントを切り離すことができます。
  • マップ上でVLAN経路となるリンクを選択するだけで、簡単にネットワーク機器へのVLAN経路設定を行うことができます。

ネットワーク機器の構成情報(コンフィグ)管理

  • ルータやスイッチの構成情報(コンフィグ)を、運用管理サーバ上にバックアップし世代管理することができます。バックアップ時には差分チェックもできます。
  • 保管された構成情報(コンフィグ)は、機器故障復旧/機器交換時にリストアすることができるので、再設定作業が容易で確実に実施できます。

トラップ受信・変換

  • ネットワーク機器や連携製品から通知されたトラップを、トポロジマップ上に障害として表示することができます。
  • トラップはIPアドレスやOID単位でフィルタリングすることができます。
  • トラップの内容を、わかりやすい日本語メッセージに変換して表示することができます。

ネットワーク機器のファームウェア管理

  • ルータやスイッチのファームウェア版数情報を取得し、一覧で管理することができます。
  • GUIからの簡単な操作でファームウェアを一括で配布し、更新することができます。

仮想ネットワーク構成の可視化

  • VMware内の仮想スイッチと仮想サーバで構成される仮想ネットワーク構成をトポロジマップ上で可視化し、仮想スイッチと仮想サーバの接続関係を把握できます。
  • 物理構成からVMwareにまたがるVLAN経路を可視化することができます。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)