GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
Systemwalker Network Assist
特長

ビジュアルなWebビューにより、富士通製ネットワーク機器の管理/監視作業の効率をアップします。

富士通製ネットワーク機器の外観を忠実に再現。直観的に動作状況を把握できます。

富士通製ネットワーク機器群(ルータやスイッチなど)の外観をノードビュー画面に忠実に表示します。機器を目視する場合と同じように稼動状況を確認できるため、トラブルの早期発見、迅速解決に役立ちます。

装置ごとにきめ細かな監視とトラブルの予兆監視ができます。

装置の重要度に応じた監視レベルを設定することにより、監視の最適化が図れます。また、性能・障害統計情報の収集と監視により、ネットワークトラフィックの異常の傾向や予兆を把握でき、トラブルの未然防止に役立ちます。

200機種におよぶ富士通製ネットワーク機器をサポート。新機種にも随時対応。

Systemwalker Network Assist 出荷時に標準サポートする機種(サポート機種一覧)に加え、新規に出荷される富士通製ネットワーク機器についてもノード定義データ(監視追加サポートのためのデータ)を適用することにより詳細監視が可能になりますので(追加サポート機種一覧)、サポートの有無を意識することなく安心して導入できます。

ケーススタディ

キャンパスネットワークのネットワーク機器監視 『セキュリティを重視したネットワーク環境への適用』

セキュリティを重視したシステムには、前提となる「ネットワークの信頼性」が欠かせません。遠隔地からでもネットワーク機器の状態をポート単位まで把握できるSystemwalker Network Assistの導入をお奨めします。

お客様要件

ネットワークセキュリティを重視したキャンパス内機器の監視を確実に実施したい。

導入のポイントと効果

  • 新棟の各フロアの壁面や床下など、隠蔽設置したネットワーク機器の状態を、大学キャンパス内の管理システムからビジュアルに監視
  • 機器障害の早期検出と保守管理への的確な通知により、迅速な対応を実現

画面連携

装置レビューによる監視イメージ(セキュアスイッチ SR-S716C2 の例)

事例解説

某大学様では、新棟ネットワークをSR-S716C2、IPCOML 1420、FMWT-55AGで構築。Systemwalker Network Assistにより、これらの機器を監視し、セキュリティを重視したシステムの前提となる「ネットワークの信頼性」を確実にすることが可能となりました。物理面からもセキュアなネットワークにするため、新棟のネットワーク機器は各フロアの壁面や床下に設置しました。セキュリティ重視のネットワークの信頼性を確実に維持するには、ネットワーク構成機器の確実な動作が不可欠です。監視しにくい場所にあるネットワーク機器を、遠隔地からでも確実に監視するために、Systemwalker Network Assistを導入いただきました。

障害の迅速対応のために...

監視対象機器をサブネットやフロアといった単位でグルーピングすることで、監視作業のナビゲーションが向上し、障害にすばやく対応しています。障害発生時点のアラームだけでなく、過去に遡ってのSyslogの調査で、根本原因の追求や解析を行っています。LANケーブル抜けなど物理的な異常の場合は、現場の新棟にいる機器管理者と、管理棟にいるシステム管理者が同じ装置イメージをベースにやりとりをすることができ、連携プレイですばやく対応しています。

導入ポイント

富士通製ネットワーク機器の導入をご検討されているお客様

富士通製ネットワーク機器導入をご検討されているお客様には、ハードウェア導入だけでなくネットワークの安定稼働のためにSystemwalker Network Assistを導入することをお勧めいたします。

導入メリット

  • ビジュアルなビューにより富士通製ネットワーク機器の管理/監視ができますので、作業が効率アップし、ネットワーク管理者の負荷も軽減できます。
  • ネットワーク上の各地に散在している富士通製ネットワーク機器群(ルータやスイッチなど)を集中的に監視できますので、トラブルを即座に検出して、ネットワーク停止による損失を最小限に抑えることができます。
グローバルサーバを中心とした基幹業務のネットワーク機器集中監視を実現したいお客様

グローバルサーバ(GS/PRIMEFORCE)のネットワークアダプター(ONA)やLAN制御装置(LANC2,CLCUなど)の詳細を一元的に管理・監視したいお客様は、Systemwalker Network Assist Global Enterprise Editionのご導入をご検討ください。

導入メリット

  • GS/PRIMEFORCEシステムを含むネットワークとオープン系ネットワークのトータルな機器監視が実現できます。
システムからネットワーク機器までを統合的に管理したいお客様

Systemwalker Network AssistとSystemwalker Centric Managerのシームレスな連携により、システムからネットワーク機器の統合運用管理を強化できます。

導入メリット

  • Systemwalker Network Assistが検出した装置の障害をSystemwalker Centric Managerにダイレクトにイベント通知します。
    通知されたイベントは、分かりやすい日本語のメッセージ形式で表示されます。
  • Systemwalker Centric Managerの監視画面上にある富士通製ネットワーク機器アイコンから、Systemwalker Network Assistの装置ビューを起動することができます。
    Centric Managerによる一元管理とネットワーク機器ビュー呼出しによる機器詳細へのドリルダウンが可能です。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)