GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
Systemwalker for ERPパッケージ ジョブ連携
特長

SAP ERPジョブ連携機能

Systemwalker Operation Managerと連携し、SAP ERPシステム上のジョブのスケジューリングと自動化を実現

  • SAP ERPジョブによって構築された業務システムを、通常の一般パッチジョブと同様の操作で、簡単に自動運転を実現することができます。
  • スケジュール管理、実行状況監視等を集中して行えるため、SAP ERPジョブと他の業務との連携も簡単です。
  • SAP ERPジョブの実行ログを取得し、Systemwalker Operation Managerの監視画面で参照できるので、業務が終了した際に簡単にログを確認することができます。
  • SAP ERPジョブが何らかの原因で起動できない状態(無効状態)に陥った場合、管理者にその旨を通報する機能を備えているため、業務異常や業務遅延の影響を極力少なくすることができます。
  • SAP ERPジョブのみでなく、サーバの電源、オンライン業務プロセスなども含めたトータルな自動運転が出来ます。

Oracle EBSジョブ連携機能

Systemwalker Operation Managerの豊富なスケジュール機能を利用して、Oracle E-Business Suite業務のスケジュール管理、実行状況監視、稼働履歴などを集中して行うことができます。

  • 複数のカレンダー定義や豊富なスケジュール機能を利用して、複雑な業務の簡単に自動化できます。他業務や他システムの業務とシームレスに連携できるため、オペレーター人員削減など、運用管理のコストダウンを実現できます。
  • 複数の業務をガントチャートやジョブフロー図により簡単に状況を把握することができます。
  • 業務の異常はビジュアルにリアルタイムに把握できます。また、E-Business Suite自身の異常も検知しますので、異常事象の把握、および対処を迅速に行うことが可能となります。
  • E-Business Suiteのバッチ処理の起動はもちろんのこと、実行状況の監視、実行終了時は完了ステータスと実行ログを取得しますので、Systemwalkerのビューでリアルタイムな監視と実行結果の確認が可能となります。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)