GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Systemwalker Desktop Rights Master
特長

本製品は2011年6月30日をもって販売を終了いたしました。

機密文書のアクセス制御をファイル単位に実現

与えられた利用権限(閲覧・印刷・更新・復号・持ち出しなど)の範囲で機密文書の操作を許可し、安全に共有することができます。
オーナ(コンテンツの所有者)は、閲覧、印刷、復号などのアクセス制御をいつでも変更することができます。また、有効期限を設定することにより、保護したファイルへのアクセスを無効にできるため、最新の情報を確実に安全に共有できます。

永続的な暗号化

保護文書()は操作中も常に暗号化されたままの状態です。利用権限のないユーザが不正に持ち出しても機密文書は利用できません。

(注)  Systemwalker Desktop Rights Masterで保護された機密文書

オフライン環境でもアクセス制御を継続

社内で使用しているPCを社外に持ち出す場合、Systemwalker Desktop Rights Master ライセンス配信サーバと通信できない環境でも、一時的に保護されたファイルを閲覧・印刷することができます。

Microsoft OfficeとPDFに対応

ビジネスによく使用されるMicrosoft OfficeとPDFのアプリケーションに対応しています。Microsoft Officeの文書については、ユーザIDとライセンス取得日時の重畳印刷を設定することで、セキュリティリスクの高い文書の複写をけん制できます。