GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Systemwalker Desktop Rights Master
機能

本製品は2011年6月30日をもって販売を終了いたしました。

機能説明

ライセンス管理

  • 保護された機密文書に対してユーザーまたはグループごとにライセンス権限(閲覧・更新・印刷・復号・持ち出し)と条件(有効期限)を設定できます。

ファイル操作制御

  • ファイルサーバに格納されている保護機密文書に対して、設定されているライセンス権限と条件に従い、閲覧、印刷、復号などの操作を制御できます。

Active Directory連携

  • Microsoft Active Directoryと連携し、ユーザー情報を一元管理します。また1台のクライアントPCを複数のユーザーが使用する場合にも、ユーザーごとのライセンスや設定に従った運用を行うことができます。

運用操作と利用履歴の記録

  • ライセンス配信サーバで記録・参照できるログは以下のとおりです。
    • ライセンス配信ログ
    • サーバ動作ログ
    • コマンドログ
    • ライセンス削除ログ

重畳印刷

  • 保護されたMicrosoft Office文書の印刷時にユーザー/グループIDとライセンス取得日時を重ねて印刷することができます。(Interstage Print Managerと同じ印刷形式)

オフライン制御

  • 保護された機密文書に対して持ち出し操作を行うと、Systemwalker Desktop Rights Masterライセンス配信サーバと接続できない環境でも保護されたファイルを閲覧・印刷・復号することができます。

製品体系

製品別 機能概要 / 対応OS一覧表
製品名 機能概要 対応OS
Systemwalker Desktop Rights Master 暗号化に加えて、ファイルを開くことができるユーザー、印刷の可否や有効期限などの細かいアクセス許可をファイル単位に設定することによって保護し、重要な保護文書を安全に共有できます。 Windows